AX

* 今日のニャンコ * Eriko's Diary

作曲家・編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

ライブ終了です〜

7/31日、塚山エリコ・ピアノ・トリオ ライブにお越しくださいました皆様、お暑い中、誠にありがとうございました

下記、FaceBookに、お客様が記事をアップしてくださいました。
ご紹介まで〜〜








初めての、このメンバーでのJAZZセッションは、探りつつ、案配をみつつ、最終的にはアンサンブルも固まり、楽しく終わらせていただきました

流石の、Poppin' Fourでのメンバーでございました


ピアノトリオは、デリケートで難しいですが、この編成でのJAZZを、ずっとやりたかったので、しばらく続けようと思っています
勿論、トリオ+ONE的な、ゲストもお呼びしていく予定ですので、どうぞお楽しみに〜


P.S.

私は・・・・ビバップ〜ハードバップまでのJazzは、20歳前後に
はまり続けて聞いたり鬼練習してた時期があります。

ソニー・クラーク、ウイントン・ケリー、ハンプトン・ホース、レッド・ガーランド、トミー・フラナガンetc
その頃は、まだ、オスカー・ピーターソンも、ビル・エヴァンスも、受け入れることが出来ずにきました。

そして、ちょうど、その頃、フュージョンというジャンルが出来はじめて、若かった私は、JAZZよりも
そちらの音楽に惹かれはじめ、あっさりとJAZZを辞めて、バンドを始めたりしてました。


その後、作編曲家に転職してから、25年間は、まったくJAZZはやっていなかったし、ライブ活動も停止状態でした

それが、ここ10年前ころから、もう一度JAZZをちゃんとやろうと思い
再び、JAZZスイッチが入りました。

私が、残念なのは、バップまでのアナライズしかしておらず、その後の、モードJAZZに関しては、
ほとんど、マスター出来てなかった〜ということが、今も心残りなのです。

今も、古いジャズを演奏しつつも、もう少しモードぎみな事をやれるように、勉強中です

でも、この歳になっても、まだ沢山目標があって、楽しい日々の塚山です

体力は落ちてるかもしれませんが(汗)長年、培った作編曲家としての知識や経験が
とても、演奏に役立っていることを感じてますので、知恵だけは(笑)成長してると思われます

フィジカル的な、筋肉や体力は鍛えつつ
短期間で、モードJAZZの仕組みがマスターできれば〜と頑張っております(^_-)-☆

是非、皆様にも聴いていただきたい、ピアノトリオです

お互いのフレーズに反応しながらのインプビゼイションの醍醐味を、体感していただければと思います〜〜



次回ライブも、決定いたしました。

■2016年11月24日(木曜日)19時40分〜/21時20分〜
新宿区大久保 Boozy Museにて

Piano: 塚山エリコ
Bass :コモブチ キイチロウ
Drums:渡嘉敷祐一

皆様のお越しを、お待ちしております〜〜



P.S.
渡嘉敷さん、コモブチさん 〜Very Thanks!!
Love to〜〜〜




 Live

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © * 今日のニャンコ * Eriko's Diary All Rights Reserved.