AX

* 今日のニャンコ * Eriko's Diary

作曲家・編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

今日のニャンコ

久しぶりに猫の話題です

お昼すぎに所用で街まで出掛けて、帰りは近所の何時もの道を歩いていたら…

野良ちゃんの「ジャンプ」君と遭遇(この子は毎日、我が家に通ってくる)

(この写真、手前の後ろ向きなのが、うちのタロー君。向こうが、タロー君とそっくりなジャンプ君)


で…話は戻りまして…
道で会ったジャンプ君は私の方に近づいて来たので「ジャンプ君、こんなところにいるの~」と声をかけたら嬉しそうに、ゴロ~ンとお腹を出してくれました

で…

その少し先の角で男の方二人が「うちの子はいったいどの辺りまで散歩に行ってるのか~」うんぬんと話しているのが聞こえてきました。


あれ?…

もしかして…もしかして、ジャンプ君はこの方の飼ってる猫なのではないか?と直感し(笑)、その男性に「すみません、この猫ちゃんの飼い主の方なんですか?」と、思い切って声をかけてみた。

そうしたら「はい、この子はうちの子です。私の猫です」という答えが返って来てびっくり。

そうなんです、ジャンプ君は(これも私達が買ってに命名してただけなんだけど(^^;; 「ミー太郎」君といって、この飼い主さんが長野から連れて来た猫チャンで、8年も一緒に暮らしている家猫だったのです。

毎日、通って来てカリカリや特別に美味しものをあげていた野良ちゃんのジャンプ君は、野良ちゃんではなかったことが判明。

そして、ある日私達は毎日通ってくるジャンプ君×=ミー太郎君に、我が家では一つ余っていた猫の首輪をつけてあげたりしてたのです。飼い猫とは知らずに(笑)その首輪は、タロー君のとお揃いなのです。

で…

当初は、よく考えると、このジャンプ君=ミー太郎君は、首輪をして遊びに来てた~ということを、私のFacebookのアーカイブで見つけました。

その頃は、ジャンプ君では無く、私達は首輪チャン~と呼んでたようです。

そして、この首輪チャン=ジャンプ君=ミー太郎君と、うちの子タロー君はとってもよく似ていて、そのことをFacebookの写真に記事として書いてるので、よろしかったら読んでみてください。

首輪チャン=ジャンプ君=ミー太郎君とうちの子タロー君

きっと、飼い猫チャンだった首輪チャン=ジャンプ君=ミー太郎君は、明日も明後日も、また毎日我が家にも通い続けてくれることでしょう(笑)

こんな、真実のわかった1日でした。

猫チャン達は不思議です



 Cats & Other

0 Comments

Leave a comment