ライヴ終了です

昨日のライヴにお越し下さいました皆様、誠にありがとうございました。

と~~~っても楽しいライヴとなりました。

本日のメンバーです。

伊丹雅博(Gt)  塚山エリコ(Org)  Steve Whipple (B)  市原康(Dr)
229129_190720220973889_100001077368464_438905_187361_n.jpg


お客様の反応、共演者とのやり取りが、相互作用となり「こんなことできちゃうんだ自分~」みたいな(笑)発見もありました。

大ファンでありますドラムの市原康さん、ニューヨークから一時帰国のネイティブNYベイシスト、スティーブ・ウイップルさんのご機嫌なリズムに乗っかり、思う存分プレイできました。

また、このライヴのコーディネイト&プロデュースをして下さった、ギターの伊丹雅博さんにも大感謝です。

ライヴは、ホント思いも寄らぬおもしろい事が起きるので、是非是非皆様、生ライヴ聴きに来てくださいね!

ライヴ時のショット少しご紹介します。

残りのお写真は、また「Photo Gallery」の方の後日UPします。




web.jpg



226284_190720727640505_100001077368464_438912_3483834_n.jpg




227765_190720704307174_100001077368464_438911_5824352_n.jpg




230195_190720677640510_100001077368464_438910_4477044_n.jpg



スティーブのパパとママも聴きに来てくれました。Very Thanks
225568_190720774307167_100001077368464_438914_1387332_n.jpg




鈴木奈美ちゃん(私の元生徒さんです。美しい~~変わらない~(^^)/)と、鈴木よしひさ夫妻も来てくれました。
よっちゃんは、飛び入りで2曲演奏してくれました。ありがとう~(^^)/
226758_190720750973836_100001077368464_438913_3165141_n.jpg



222369_190720797640498_100001077368464_438915_2704612_n.jpg

セット・リストでござります。

1st.
Satin Doll
Comfirmation
You don't know What Love Is
Bluesset
All The Things You Are

2nd.
It's Too late
Things Ain't What They Used To Be
I'm getting Sentimental Over You
Ecaroh
Geogia On My Mind
On Green Dolphin Street



P.S.
次回ライブは、塚山エリコ ピアノ・トリオ「Boozy Muse」(大久保)6月13日です。
こちらも、よろしく!

Comments 10

えりつぃん

Re: タイトルなし

よもさん
いつも遠方からいらしてくださりありがとうございます。

よもさんも、ノリノリで聞いてくださっていましたよ~と後で
お隣の観客の方から聞きました。
嬉しかったです。
実はステージからは客席のかたがたの御顔は見えないのです。

拍手と、yeah~と空気かんで、私たちは感じるわけです。
先日はとてもやりやすい温かい雰囲気をお客様からかんじました。

熱心な音楽ファンが多かったことが、よくわかります。

MC、わたしだってやりたくない(笑)
喋るの苦手なので…えんそうだけに集中したいです。

ただ、JAZZファン以外のかたも先日はUstでみてくださって
いたので~
参考にします、いつもありがとう。

ではでは、また次回もお待ちしてます。
コメントもありがとー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

2011-05-18 (Wed) 13:14 | EDIT | REPLY |   

よも

おはようございます。
一昨日のことかと思いきや、もう9日ぐらい経ってしまうのですね。
特別ゲストということで、本当に特別ゲストでしたね。アドリブパートが特別仕様で、いつも以上に夫々のパートにアドリブの余地を与えるといった展開になっておりましたね。ウッド・バスのアドリブが毎回来るというのはハードアクションそのものに思いました。

是を目に致しまして、益々MCの不要さを実感致しました。けだし、ジャズは文字通りのアドリブパートがあるわけで、これが充分に語りの役目を果たしており、MCに頼ると言うのは敗北宣言を初めから下しているようなものです。MCはライブ特有の有り難味だと声高に主張する声もありますが、んなものなくても絶対にライブの有り難味を感じさせられる手段はあるはずなんですよね。一曲ごとに一々MC;旅行記体トレ食べ歩きの話なんて愚の骨頂ですよ。
実の所、私は一々題名を言われるのも余り好きではなく、何か流れがせき止まるような感触を受けてしまいます。

自粛ムードが幾ばくか抜け落ち、それまで溜っていた熱気が解放せられたのも盛り上がりに貢献したやもしれません。そこに「It's too late.」が登場し、待ってましたとばかりにヒートアップだったと思います。普通に延長に突入せられておりました。西武電鉄、3月は節電の影響で10分ダイヤ、今月は元に戻って12分ダイヤ。焦りました。

最初の「ソフィスケイティッド・レディ」、EDはよくある締め方ながら、意外にこの手の締め方はこの曲では為されないように思われ、「そう来たか!」と妙に斬新な思いが致しました。

「恋味」--- 前々回が「恋フェニ」、前回が「これからの人生」と来て、今回、遂にご降臨といった所でしょうか。オルガンソロの音色に慣れている者にとってはギターが入るというのはそれだけで斬新でした(「これからの人生」も亦然り)。今度はギターパートも入れて弾いてみたい、なんて思ってしまいます。


2曲目でしたか4曲目でしたか、オルガンパートで「トッカータとフーガ d moll」の中間部分がちらついた箇所があったと思うのですが・・・

オルガンの音色で申し上げますと、アドリブパートで{8'4'22/3'}にレングスの長めなアタック音2'を加えた・・・感じの音色が「ブルーゼット」以降活躍した印象を受けました。

トレモロONから始まり、盛り上がる所で敢えてOffにして特有のハム音を出し、渋味ある枯れ具合を微妙に味わわせるという流れも斬新でした。どうしてもシングルトーンはOff、重音はOnという固定概念に振り回されがちなものでして・・・

ブロック奏のルーツが聴け、何となく初心に還った思いになりました。

「恋味」の次は・・・・・と言った所でしょうか。

2011-05-18 (Wed) 06:03 | EDIT | REPLY |   

えりつぃん

Re: Virtualな観客

N口さん

ご丁寧なレポをありがとうございました。

とっても嬉しいです。
しかも、すべて「ドンピシャり」(古・汗)なご感想です、よくわかってらっしゃるかなりの「通」だということが
わかります。だから、とても嬉しいのです。

いつも遠方からいらしてくださり、感謝です。

私も次回は是非会場でお会いしたいです。
ありがとうございました。

P.S.
流石というか~この日は、レスポンスをいつもと違う設定にしてみました。
だから、クリック感は薄かったと思います。

ちょっとまた、いろいろ試してみようかと思ってます(^^)/

2011-05-17 (Tue) 13:16 | EDIT | REPLY |   

N口

Virtualな観客

N口(@ライブ現場には行けなかった)です。


代わりに Organ Jazzクラブのライブ配信でライブの様子拝見いたしました。
おぉ、いつも見かける 常連のお客さんが写っていますね。表情も楽しげです。


1st set
サテンドール
 オルガン・ソロのプレイはカッコよかった!!

コンファメーション
 前にも申し上げましたが 好きな曲です。
 グリグリにドライブしていて気持ちいいです!!


恋の味をご存知ないのね
 ライブ配信だと オルガンのアタックの音がイマイチなんだけど
 レスリーの fast..slowで泣き..です。

ブルーゼット
 トゥーツ・シールマンスの曲 私も好きな曲です。
 途中のブロック奏がカッコ良かったです。


All the things you are
 ハプニング的セッションであったからか 途中ど
 うなることかとスリリングなプレイでした。


ベースもカッコいいけど、やっぱりドラムもちょっと難しくて
カッコイイ。

------------------
2nd set

It's too rate
ドラムがメッチャかっこいい!! こういうプレイもっと聴きたいです!!


昔はよかった
 ちょっとラフな感じがライブ感抜群です。あれ、2nd rif どっか別のヤツかなぁ スプランキーでしたか?


センチな気分で
 オルガンならではのブロック奏が素敵に決まっていました。 4barsでドラムスが一瞬熱くなって、ライブならではの楽しい雰囲気が伝わってきます。


ecaroh
 ここでは伊丹氏のギターが熱くなって。 コンファメーションもチラッと混ざり 倍テンポもあり これもライブならではですよね。


我が心のジョージア
 うわぁまたこの曲聴けたのですね。泣きのオルガン...
 ギターソロのバックのオルガンがグワーっとソウルテイストでシビレました。


On Green Dolphin Street
 ホントに愉しんでプレイされているのが伝わってきます。
 すごいドライブ感。


うわっ。配信はここまでかぁ...
アンコールは何だったのだろうなぁ。


でも、今回のライブ、メンバーが愉しんで演奏している様子が配信でも伝わってきました。
表情は、はっきりは見えなかったのですが、エリコ先生はノリノリであったようにお見受けしました。


素晴らしいパフォーマンスをありがとうございました。
タダで聴いてしまってスミマセン。


今度はライブ現場で聴ける事を楽しみにしています。

2011-05-15 (Sun) 23:25 | EDIT | REPLY |   

ERIKO(えりつぃん)

Re: タイトルなし

ハリさん

情報ありがとう~調べてくださったんですねm(_ _)m

随分ライヴツアーやってないので(何十年も・笑)旅仕事したいですね~

P.S.
Ustの右側にでるツイットの過去ログは、全部後からは読めないんですよね?

2011-05-12 (Thu) 13:19 | EDIT | REPLY |   

Harriet

エリコさん,こんにちは。^^

twitter・・・折角配信で見るので,会場で見ていてはできないことを,とリアルタイムツイートをしてみたんですが,無知丸出しです。TT 面目次第もありません。TT

市原さんが名古屋出身とは存じ上げませんでした。それなら是非一緒に名古屋に・・・とついつい期待が膨らみます。^^
中学時代(だったかな? ^^; )「大追跡」というテレビ番組にテーマごとハマっていました。このテーマはもう最初から最後まで市原さんのドラムがカッコよくてカッコよくて・・・。^m^

で,名古屋にハモンドがあるライブハウス,調べてみたら,名古屋在住のオルガン奏者の成瀬順一さんが開いているJazz Organ Bar REDTOPというお店が唯一のようです。^^;

2011-05-12 (Thu) 13:10 | EDIT | REPLY |   

えりつぃん

Re: タイトルなし

ハリさん
こんばんわ(^ー^)ノ

ツイッター既に拝見しました(笑)
で、皆さんにも読んで欲しいのでリンクさせてもらってます。

超~コアな内容、嬉しいです、励みになります。
特に(笑)ドラムの解説がすごすぎます。

市原さんは名古屋出身ですよ。

ところで、名古屋にハモンドオルガン置いてあるお店って
あるんでしょうかね?

なんか、やっと最近、演奏活動再開してよかったな~って思える様に
なりました。
あと何年弾けるかわかりませんが、老体にムチ打って
続けようかなと思ってますので、その節はよろしくです。

今こそ、オルガンの時代!
もっと皆さんにも聞いて欲しいです。

2011-05-11 (Wed) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Harriet

こんばんは。^^
UStreamで拝見したのでたまにぶちっと切れたりしましたが ^^;
すっごくよかったです! 堪能させていただきました~。*^^*
チケット代お支払いしたいくらいです。(笑)
小さな画面からも皆さんの楽しそうな表情がちゃんと伝わってきましたよ。^^

アレンジのお仕事とジャズの演奏活動の両立は大変と以前おっしゃってたと思いますが,この演奏を仕舞い込むのはあまりにも勿体無いです。
今後もがんがん演奏してくださいっ!!!

・・・できれば名古屋でも・・・。^^; <ちゃっかり ^^;

2011-05-11 (Wed) 00:03 | EDIT | REPLY |   

えりつぃん

あのですね・・・

録音関係者だから、よ~~くおわかりと思いまするが・・・・ライヴの演奏は、後で聴き直すとダメダメよ(^^;)

その場で消えるライヴの演奏と、後に残る録音の演奏は同じぢゃないから、よくご存知のように(^^;)

「このテープは自動的に消滅する、フェルプス君」@古すぎ

(次の演奏が怖いざます。もう、二度とあーゆーこと出来ない気がするから・・・・)

2011-05-10 (Tue) 22:55 | EDIT | REPLY |   

itamin

素晴らしい(^-^)/

お疲れ様でした(^-^)/
昨日の録音を聴いて塚山さんのプレイ改めて最高です!一緒にプレイ出来て幸せです(^-^)/

2011-05-10 (Tue) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply