アメリカン・アイドル@FOX TV

american_idol.jpg

深夜にオンエアされている、ケーブルTVチャンネル「FOX」TVでやっている、オーディション番組「アメリカン・アイドル」という、歌手志望の一般視聴者がオーディションを勝ち抜いて、最後に勝ち残った一人がデヴュー出来るという、アメリカでは高視聴率の番組がある。

今、丁度オンエア中で、
前回から見ているんだが、今日も偶然テレビをつけたら、先週の続きをオンエアしてた(これもまた、ワタシ的ビビビッ感覚で、まったく意識しないでテレビをつけると、「これでしょ?」みたいに、神サマが「この番組を見よ!」と言って導いているとしか思えない偶然<いや~必然・笑>なことが、過去に何度もある・笑)

この番組、まさに、アメリカン・ドリームな番組なんだが、どちらかというと、優勝者が誰か~ということよりも、その過程のドキュメントがメインな番組。

ケーブルテレビは、昼間は見ないんだけど、最近の日本のテレビ番組が「鬼」つまらないから、チャンネルをまわしまくっていると、ケーブルテレビでは、思わず引きこまれちゃう番組が多くて(ケーブルテレビは、す~~ごい沢山のチャンネル数があるから選局が大変なんだけど)この番組もそのひとつ。

とにかく、この「アメリカン・アイドル」という番組、シロウトさんなのに、オーディション参加者はみんなメチャ~歌が上手い(^_^;)
予選は、オケ無しの「アカペラ」で審査委員と他の出場者の前で唄を披露していく。

こういう番組見てると(まあ、少々の脚色ややらせ系な部分があるとしても)、アメリカって国が益々大好きになる。

大統領を国民が直接選べるように(笑)、Openな状況で、こんなオーディションだって実力勝負なわけで、コネも組織的陰謀も(笑)も闇の感じがない。

なにせ、審査員(音楽ディレクターや、ポーラ・アブドゥルとか四名)のレベルが高い。

なにより、なんというかぁ~「愛」に溢れてるのだ。出演者も、審査員も、番組の作り自体がね。

自分の国と、こーも違うもんなのか~ってつくづく思う。

以前、私がニューヨークに遊びにいったときに、マンハッタンの大きな教会に(たぶん、セント・パトリック教会)に、足を一歩ふみ入れた途端、なぜかわけもなく涙があふれ出てきて自分で驚いたことがある。

あとで、クリスチャンの知り合いに、この体験談を話したところ「なるほど・・・なんの不思議もない現象です」と言われた。

その教会は、平日でも仕事の途中であろうビジネスマンや、どうみても不良にしか見えない(笑)若者が、ローラーボードを片手に持ち、教会にちょこっと入ってきて、お祈りをしてササッとでてくような光景を沢山見た。
無宗教な私、そういう国(国として単一の宗教をもたない~という意味です。念のため(-_-)に育った私としては、すごくびっくりした。

アメリカの人々には、やはり宗教というものがあり、それが基本な教育があり家族があり~
そこが日本とは全然違うんだろうな~と、その時思った。

この「アメリカン・アイドル」という番組を見てて思うんだけど、ホント心が温かくなる・・・

それは、欧米人がオーバーアクションだから~だとか、表面的な社交なんでしょ~なんて問題ではないのだ。
どっかの国の現状みたいに、みんなが人を蹴落としてまでのし上がりたい~みたいなんじゃないのだ。

オーディション参加者は、お互いの健闘をたたえ合い、落選者をいたわり、審査員と参加者も同等な人間としてのふれ合いがあり、コミュニケイションも、ちょっと大人の言い回しがあったりするけど、でも温かい。人間その物、その人なりが見えてくる。個人個人が自立してる国だからだ。
そういう、教育をしている国だからだ。

だから、テレビを見てる側としては、誰が優勝者になろうが、もうそんなこと、どーでも良くなるくらいドキュメンタリとしての番組の内容に感動する。

アメリカという国が根底に持っている「愛」というものを素直に感じ取ることができる、よい番組だ。

このメディアのあまりのレベルの違いに改めてがっかりするし、最近はニュースとドキュメンタリー番組、時々、大人の鑑賞に堪えられるドラマ(「風のガーデン」とか)以外、日本のテレビは見る気がしないわけだよな~・・って思った。

しかし、アメリカはアマチュアレベルで、これだけ才能有る、本当に唄がウマイ人が山のようにいて、そういう人が上に行ける「仕組み」になっているわけで、歌の下手な人や才能のない人が、デヴューできるどこかの国とは大違いなんだな~とあらためて思った番組でした。

Comments 2

えりつぃん

Re: 大変ご無沙汰しております。

連絡くれて、ありがとう~
メールしますね(^_^)v

2009-03-09 (Mon) 11:32 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-03-09 (Mon) 11:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply