時々

時々、思いもよらぬ展開が起きる

こればかりは誰の力でもなく
想定外で予測出来ないラッキーな巡り合わせが起きる

物事がうまく進む時ってこんな感じなのかな?って感覚が少しだけある

もちろんまだ未知なんだけれど
ラッキーという言葉から程遠い人生を歩んできてる私にとって、そか〜もしかしたら
こんな感じかな?程度のものなので
全然当てにはならないんだけれどね(笑)

そう
それで、少し考えてたのね

世の中には、もう余生を遊んで暮らせるだけの十分なお金があっても、何かを積極的に進めようとはしない人達

勿論、何かを成し遂げた結果だからある程度の年齢になってるからね
そりゃ、リタイアの歳すぎてからの積極的な活動はシンドイでしょうが…

周りを見回すとさ
私も含めてお金の無い人の方が積極的に音楽作ってんだよね(笑)
なんでだろ?ね

超厳しい経済状態なのに、レコーディングしにニューヨーク行ったりさ(笑)

要するに

ハングリーなのね、良い意味で。

もっともっとって思いながら音楽やってるし
今の状況に満足してないから

きっと、私達(複数系)が、経済的にめちゃ余裕があって、仕事が山のようにきてたらば
やってなかったと思う

世の中って不思議だね
いろんな意味で満足してると、動かなくなる
活動的でなくなる

貧乏な私たちから見ると
それだけお金があるんならば
何か自力でやれよ

と思ってるからさ(笑)

金さえあればどんな企画も、どんな予算でも
自分の思い通りのものが作れるのに
やらないんだな、これが

楽しちゃうとだめね、人間て

ハングリー万歳だよ全く

ずっと、この気持ちは死ぬまで続くだろう
満たされない気持ち
音楽への夢は消えることがないだろう

それで良い気もする

満たされてる人達を羨ましく思う部分もあるけれど
未だに、叶わぬ音楽制作の夢を語ったり
今もレコード聴いては感想で盛り上がったり
外タレのライブ聴きに行っては興奮して眠れなかったり

その気持ちがまだある事は
ある意味幸せかもしれない

仕事もなくてお金もないけどね

今もね

次の夢を実現させようかどうしようか悩んでるよ

やろうと思えばできない事もない
そのための段取りと人脈も作ってある

けれど、やはり悩む

はい、作りました〜で果たして良いのか

それだけの、エネルギーとお金をかけてもやる意味があるか

自己満足のための音楽制作はもう良い(笑)
失敗とは思ってないし、残せた事に意味がある

けれど、制作の余韻は2年が限度だ

きっと、また作りたくなるだろう

自分が存在してる意味が
音楽制作だからね

けど、そろそろ肉体的な限界が近々来るだろうしね

やるならば、今しかない

前回も、そんな感じで思い立ってから2年が経ってたからね

やるならば、即スタートしないと
あっという間に歳を取ってしまうから

何十年前には、いや数年前には
考えもしなかった人脈とルートが今は出来てる

後は、Goを出すのは自分しかいない

けれど、悩むね

老後の蓄えとして(笑)お金は残しておきなさい、貧乏なんだから〜っていう声も聞こえてくるしね

タイミングは難しい

このタイミングが悪くて
私は人生のほとんどのチャンスを逃してきたからさ

この歳になって、なぜ今頃盛り上がってるのか

そう、もう後が無いから
残り少なくなってきたからね

最後のチャンスかもしれないから
肉体的にも、いろんな意味でね

音楽やっててよかったって思ってこの世を去りたいのね

それには、やり残した事は無い?って自分に聞くわけね

やり切った感は、実は無いから
まだまだ、こんなもんじゃないと
心の何処かでしっかり思ってるからさ…

20191113005221720.jpeg


生き抜いた証が欲しい

もっと欲しい

 Diary