心の裏側

私は昔から、年下の人よりも
年上の方との交流が多く
殆ど同世代とも友達でいたことが無い

ほぼ、先輩たち

要するに先人たちが好きである

ただし、成熟した先人(笑)なんだけどね

ある年齢をすぎると
精神的な年齢は
年下であろうが年上であろうが
関係なくなってくるんだなと思う

年下でも、尊敬できるからね
感覚は新しくバリバリ生きてる若者を見ると
刺激を受けるしね

と言いながらも
今もおつきあいさせてもらってる方々は、相変わらず俄然、先人が多い

そして、ある年齢を超えるとね…

こちらが思ってる感覚とは違うんだな〜という経験を何回もする

こちらから見ると、なんでも無いことが
先人たちから見ると、もしかしたらストレスの対象になってるのかな?って感じかな

逆がないからさ
逆から見ると、私より年下の人たちは
私を見て、あーぁ、もうこの人もおばちゃんなんだな〜って思ってるのかなってね(笑)

それは、どんな事かな?実は、逆の立場の気持ちが分かってないからさ、どんな所が年下から見ると、ダメなのか分からないのね

ま、動作は鈍くなるよね(笑)
今まで出来た事が出来なくなるしね

そんな風に、これも出来ない
これも知らない、だらけになると
年下の人とは付き合いたくなくなる?のかな

だから、老人同士は、たむろすんだろうか
(ま、若い人もたむろすけどね)

逆から元に戻ると…

若さへの嫉妬ってのはさ

そういう事なのかと思う
自分より若い人たちの出来ることが
出来なくなる

老人同士でいる時は気にならないけれど

世間に出ると、そのギャップに気がつく

自分が老いたことを
ひしひしと感じるのだろう

そこで、若さへの嫉妬が起きる
そして、それは年老いた人が誰でも感じる
気持ちのような気がする

そう、人間の自然の気持ちであり
当然の通過地点なんだと思う

初老に入った頃は、きっとそういう自分についていけなくて、色々と反抗するだろう(笑)

けれど、どう考えても取り戻せない
そのもうもがいても取り戻せない 
ギャップを諦めたときに
清い老人になるんだと思う(笑)

その狭間にいる人達の、ドタバタもがいてる時期をたくさん見てきた

わたしも、そうなるんだろうか

世の中から取り残されてる気分だけが残り
「昔は良かった」だとか、「パソコンは嫌い」だとかさ、そんなこと言い出すようになるのかな

散々、近代の便利なものを使い倒して
網羅してたのにね(笑)

自分が対応できなくなった時期になると
自分の老のせいじゃなくて
世の中のせいにしたがる

私は、そんな老人にだけはならないように
気をつけたいな

それには、まずは
今についていけてるかだ

だめだ、テレビを見ても、今では誰が誰だか分からない(笑)1日のニュースを見ても、知らなかったことだらけだ

やはり、若さと脳をキープするには
若い人達と付き合うしかないのか?

歳取ると、頑固になり、意固地になり
etc.
歳とって、心広く穏やかで、勤勉な人を見ると本当に素敵だなって思う

そして、それらの先人は実に謙虚だ
パソコンをやり、SNSをやり
最先端のことについていけてる

かたや、意固地な人達は
自信がないからだろうか
自分を大きく見せることに相変わらず必死だ

本当に本人は気付いてないだろうけれど
周りから見てると痛いものがある

脳が退化すると、客観的な全体像のような物は
見えにくくなるのか、益々、間口は狭まり
周りには誰もいない状況だ

ここでも、いきつくところは
「愛」なんだよね…

愛が無いまま来てる人は、やはり
頑なになる

愛が無いままどころか、愛を知らないまま〜が正しいかもしれない

愛を知らない老人は
本当に痛い

愛を求めなかったのか
愛を信じてないのか
愛を馬鹿にしてたのか…

きっと、それらの人の周りには
基本誰もいないから
そんな話をすることもなく
弱音を見せることもなく
ひたすら、突っ張り通してきた

そして、それでよいの?と
そんなアドバイスをしてくれる人もいなくて
益々、そのまま孤立していくんだろう

何処かで、何かを諦めた瞬間があるはず

私は、まだまだ諦めてないからさ
きっと、死ぬまで諦めないだろう

もう、これでいっか〜って諦めたときに
取り残された人生が始まる

そして、その孤独は
あらぬ形で、他の物への嫉妬となって姿を表す

こんだけ、毎日、愚痴ばかり書いてる私だけれど
愛は失わずに生きてるからさ
どんな事にも、どんな人に対しても
愛を持って接してるからね

というわけで…

そんなことを考えさせられた
1日でした

前にも書いたけど
裸の王様

には、なりたく無いもんだわ

裸の王様は
自分支えるために
他を傷つけたり
攻撃してくるからね

それでしか、自分の位置や存在を確かめられないんだろうね

実は、裸の王様なのに…

人から愛される老人に
なりたいもんだわ

嫌な気持ちになった
1日でもあり
素晴らしい方に会えた日でもある

歳とってからの人間の大きさは
かなり、明らかになるから
ちゃんと生きなきゃと改めておまいました


20191109035514c77.jpeg

P.S.
その人間の

ま、特に男ですが

器の大きさが見えた時に
がっかりする

いつも、そうだった

自分が同じ立場に立った時に
どうしたか、どうするかを比べれば
それは、すぐに判断できるからさ

しかも、私…女だしね(笑)

女の方が遥かに器は大きいし
こだわりの箇所が違う

私達には母性というのがあるらしいからさ

男はみんな
男の子なんだよね(笑)

だからって、甘やかさないよ
男を立てすぎると調子に乗るからね

調子に乗らせすぎて育った男は
一生、男の子のままなんだわ(笑)

何処かで、ズボっと挫折してない男は
男の子のまま生きてる

シンドイだろなぁ〜
男の子が男のふりして生きるのってさ(笑)

そして、そのお母さんの役目をしてくれる人が
奥さんなんだろな(笑)

奥さんではなく、お母さんか…

上手くいくわけもないな、私の場合(爆)

 Diary