人との関係

人生の半分以上をとっくに過ぎてみて思う事はね

本当に大切にすべき人は
誰だったのかなってね

血縁は別だけど
私には自分の家族がいないので
それもまた除外されるんだけれど

私を分かってくれてた人
私を大切に思っていてくれた人なのかなってね

私と考え方も生き方も違っていて良いのね
勿論

けれど、私なりの
こんな程度の私だけどさ

私が大切にしてる部分を理解してくれて
尊重してくれて、励ましてくれて
パワーをくれた人
そういう人を永遠の友達にするべきだったんだなってね

私が大切にしてる事は
そんな難しい事じゃないのね
とてもシンプルで単純で基本的な事なんだけれど
なかなか、それを大切にしてる人が少ない
今の世の中

競争と、人との比較と
勝ち負けとetc.

私からすると実にくだらない価値の中で 
みんな生きてる訳だけど

例えば、それが建前なら良いと思うのね
本音でなければ

意味わかるかな

家族を守り、男として社会に存在するために
人を蹴落としたし、ずるい事もしたよ〜って
正直にそんなトークが出来る人は
素敵だなって思うからね(笑)

彼らのそんな風に生きなくては
ならなかった事情も理解できるし
ある部分、私には出来なかった事を
確立した事を、別の意味で尊敬するしね

問題は、そこじゃ無くて
そんな風な本音トークもできなくなってて
鎧を着たままで人生を終わる人たちかな

特に男子は、女の人の前では弱音を吐かないからね
(笑)

何度もブログには書いてるけど
私の人生の一つの意味は
人間探究なのね

人間て、この人って
私って
いったい何だったのかな
〜を知りたいのね

だから、建前はあまりどうでも良くて
実はさ…みたいの部分知りたい
データ取りたい(笑)のね

けれど、
私の長い交友関係の中で
この話を語り合えた人は
とても数少ない

まずは、語り合えるべき人生送ってない場合
それは、決して内容が薄いという意味で無く
そんな事を意識して生きてない人達からは
そんなポイントで人生の話を聞く事は出来ないのだ

実につまらない(笑)のね、そういう人達との会話というか、深いトークね

そして、この歳になって考えるのね

誰が大切で、誰と仲良くするべきだったかを

若い頃は分からなかった今
益々思う

自分を大切にしてくれた人
私を理解しててくれた人

今だからこそ
そのありがたみが分かる

けれどね

やり直したいとは思わないのね(笑)

それをやると、やはり自然の摂理(笑)を
侵害することになるからね

そこで離別したのも運命だし
じゃあそこで、もう一つの道を選んでいたからって幸せになれてたかどうかは、分からないしね

ま、ノスタルジーと自己分析かな

もしも、もう一度生まれ変わって来れた時には(笑)それらの教訓を大切にして
生き直したいとは思うよ(笑)

20191106200646eb5.jpeg

 Diary