*今日のニャンコ*Eriko's Diary

作編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

オフ

1日間違えてて
本日はoffだった💦

ので、
目覚ましをかけずに
ゆっくり眠ることにした

けれど
やはり
その時間になると目が覚めるもんですね

体内時計というのでしょうか
一時期はメチャクチャでしたが
どうにか戻っているようです

もう嫌なのでね
外が暗い時に目が覚めて
寝るときも真っ暗な日々

刑務所以下だったでしょうかね(笑)

休みになると
やることは山積みなのに
結局何も出来ずに終わります

あ、そか家のことやるんですよね
家事とかね(≧∀≦)
大嫌いなね(笑)

掃除して洗濯して
寝具取り変えてetc.

切りがないのね
家事は

義務なのでやりますが
生産性がないね(笑)
仕方ないな…
誰もやってくれないしね

きっと
好きな人のためだったら
喜んでやってただろうな
幸せな気持ちで家事をやってたと思う

というわけで

ご飯作って雑用やってたら
夜になってた

何も出来ずに終わった

ま、こういう時間が大事かな
体力温存と
リラックスタイムですかね

そだ、チラシを完成させて
入稿したんだ

これらの事務用も
割と時間がかかる

チラシを作ったりするのは
すごくアートな部分があるので
嫌いじゃない

写真撮るのも好きだしね

あれ?何書こうと思ったのかな…

基本的に、私は人間がそれ程好きじゃないので
孤独には強い

誰のことも頼りにしてないのでね

けれど、このままだとヤバイのかな?とも思う

けど、孤独死も悪くない(笑)

どっちにしても
死ぬときは1人だ




買い物から帰って来る途中で
お婆さんが、道の真ん中で
携帯で誰かと話してる
大きな声で(笑)
だから、話しは丸聞こえだけど

人に聞いて貰いたいのかな?とも思った

「あのねー、人に甘えていーのよ、もっと甘えて良いのよー、何でもやってあげるよー」

という、自分的にどストライクな内容だったので笑ったり

人に頼られるのは
嫌いじゃない

その代わり
この人なら〜〜と
自分が認めた人以外は
無理だ

この人の為なら
この人達のためならば
基本見返りはいらない〜
と思って人としか
今は付き合わないからね

そこには、目に見えないきめ細かな暗黙のやり取りが行き来している

わざわざ、言葉にしなくても
お互いのレベルの中で
バランスを取りながら
支え合ってる気がする

そこには
まずは信頼関係しかない

しばらく時間をかけて
この人はどの程度の人なのかを見極める時間が有り

あ、今、採点されてるな〜〜というやり取りを
確実に誠実に答えて
それの積み重ねから
信頼は始まる

そして、根本が好きな人達なので
多少のことは許せる

私は、そういう意味では
懐が深い

レベルの低い人達は
この意味がわからずに
甘っちょろくて便利に使えるおばさん〜〜としか思ってない輩とは
結果的に早めに縁が切れる

群れてないから
お互い何処にも属してないからね
だから、それができる

爽快である
ま、殆どが女性達なんだけどね(笑)

逞しいね、私の好きな女性達は
本当に尊敬できる
自分の目標を待っていて
それを目指して努力してて
人に依存しないで
自力で生きてる

人に干渉しないで
良い距離をキープ出来てる

私もそれらのすてきな女性に負けずに
自分を極め続けて
そして
人には優しくを基本にね

そして
あくまでも
自分の為にやってるんだという心構えがないと
これらの事は成り立たない

お金じゃないのよ

気持ちなの
最終的には

この人のために
何かしてあげたいと思えるかどうか

自分の家族でもない
身内でもない人に
その気持ちが起きるかどうか

起きた場合には
私にできる限りの事を提供する

それが、私を活かすことになるからね

そんな風に
自分の在り方を感じるようになってきた

ちゃんとした人達と付き合っていけば
こんな風に、問題なく事は進む

もしかしたら
稀有かもしれない

このタイミングだから
味わえることかもしれない

何かが起きますように
それが、私自身でなく
それらに関わってるどなたかで良い

私が役に立っているという形が残れば
それは尚更良い

そして、何も残らなくても
全然良い

お金が発生しようが
しまいが、今の自分には
大した問題ではない


これはね、仕事上での信頼関係を作るのとはちょっと違う

仕事じゃないからさ

本業の場合
いや、
本業だった場合(過去形、(笑)はね、
相手がどんな野郎でも、人間性なんて我慢してたよ
仕事だったからね

今は違うのよ
仕事じゃないから

そうなって来ると
相手が誰なのかが
プライオリティになる

お金じゃ解決できないから

仕事じゃないから
だから、

やっぱこの人!じゃないと
私は動かない

それが、今の自分のバンドだし
今、おつきあいさせていたただきてる
皆様なのね

までもね

いつからかな…
本質だけを大切にしようと思い始めて
自分と価値観が大幅に違う人達とは離れることにした

話題が違いすぎてね

キツイからさ

そんなことに人生のポイント置いてんの?みたいな話し、したくないしね

ま、のんびり行ってますが
自分が音楽の仕事をやってこれたルーツの皆さんを大切にしたい

若い人?好きだよ
私の周りの良い子達はね(笑)

子供のいない私だけど
この若者達には
できるだけの事をやってあげたいと思うから
出来るだけ、事あるごとに声をかけてあげてるよ


ま、

晩年はこんな風に過ごしたいものだね

家族や身内も良いんだろうけどね

それは、究極の利己主義だからな(笑)
他人、世の中に
どれだけ還元できるか

年寄りの密かな想いは
そこなんじゃないかな


写真は、2017年のニュヨークでの一こま

なかなか、良いショット

20190524010104856.jpeg

 Diary