*今日のニャンコ*Eriko's Diary

作編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

シンクロ

Facebookの方には記事をあげてますが

ちょっと必要があって
昔の写真を探していたら
多分、一枚しかないだろう実家にあったハモンドオルガンの写真が〜
https://www.facebook.com/100001077368464/posts/2267838779928679?s=100001077368464&sfns=xmo


多分、高校の時だと思います
髪型がその頃なので〜

エレクトーン、ど真ん中の時なのに
何故か家ではハモンドでジャズばかり弾いていた私です

でね、思ったの
段々記憶が蘇って来るんだけれど

この頃から、よく考えると
アドリブをコピーし終わって
そのレコードと全く同じように重なって弾けることが、この上なく嬉しかったなってね

それをやるために、長ーい長ーいアドリブを
一音も間違えずに、コピーしてた
勿論コピーするのはドレミだけじゃなくて
ニュアンスなのね

感じ〜をコピーする

そうしないと、重ねて弾いたときに
同じにならないからね



このレコードと一緒に弾くという作業が
今考えると、凄いリズム隊と一緒に演奏してる感じだったんだなとね(笑)

この勉強のやり方も
後々、すごく役に立ってたように思う

今の時代は、どなんだろ?
クリックがあるし、自分でマイナスワンカラオケ作れるしね

後さ、今の子って直ぐにバンドやっちゃうでしょ
それも、自分と同じレベルの子達と(*´-`)
これって、どうなんだろね
ま、良いことだけど、普段の練習の時に
1人練習の時には、割と1人だけで弾いてるんじゃないかな

レコードと合わせてやるの
良いかも知んないね

と言うわけで

たった一枚の写真から
山のように溢れ出る思い出

全ての私の原点がここにあるんだなと思いながら
若い頃を思い出してました

なかなか…良いじゃないか
夢は叶ってるじゃないか

それだけで、十分じゃないの

何を不平不満を言うか

ってね

20190519152403fd7.jpeg

P.S.
分かってると思いますが
なんと、写真
ヘッドフォーンしてるんですよね(*≧∀≦*)

演奏する時に、既にこの時から(笑)

よく考えると
すげー写真なんだよね

P.S.2

そだ

FB記事でも少し触れてますが
テンションなんていうサウンドが何なのか??
分かってない頃
コピーしていくうちに
今まで知っていたコードとは違うコードがあることを知るわけね

それが、#9thというテンションがあると分かって
例えばF7(#9)というコードは、Aのナチュラルと、A音の♭が共存してることを知るのね

もう、それはぶったまげたのね(笑)
なんで?ぶつかってるじゃん、半音で
でも、でもでも、それが
かっこいいわー!

って発見した時の驚きと喜び(笑)

もう、ジミースミスオタクだった私は
ずっーーーと、F7(#9th)のコードばっかり、嬉しくて弾いてたな(笑)

今考えると、理論は後から知ったんだね

まずは、なんじゃ?このかっこいい音は?
から始まり、
じゃ、どうなってんの?
って知りたくなり
発見して
弾きまくる(笑)

何年も後に、それがそういうコードなことを知るわけね

それで、良いんだと思います

今みたいに、全部が準備されてるような勉強の場所からは、生まれてこないんだよね、こういう事って

先に知識を入れちゃ、ダメってことね

今の人達、合理的で便利な世の中になったけど
その経過を体験できない

その経過は、いろんな意味で大事なんだよね

結果的に、音に出るからさ

苦労しないでマスターした事には
深み〜ってのが出ない

ま…
年寄りのウンチクなのかもしれないけどね
(笑)


予告

次回は…
気持ちの悪い集団

について書こうと思ってます
(笑)

どうぞ、お楽しみに

 Diary