本を読みたい

三曲目のアレンジが終わった
手こずった、長いんだもん一曲の長さが

ま、今時の曲をリアレンジするときに嫌なのは
私から言わせると今時のアマチュアの作詞たちなので(今時のシンガーソングライター)、歌詞が字数多過ぎ

だから、曲が長くなる
ワンコーラスが長すぎ

しかも、あんまし展開してかないんで
編曲のやりようがないのね


苦労する曲が、私にまわってきたわけです

無理やり、終止線引いて終わったけどさ

ま、職人作業の仕事系なので仕方がない
オリジナルアレンジならば、一杯手を入れて直すけれどね(笑)

というわけで

このまま、就寝しようと思うも その曲が耳タコLoopで頭の中で鳴っていて、すぐに眠れるわけもない

酒飲むしかしょうがないんだよね
これが、リセットするには

今日1日のSNSとか読みまわったりしてたら
素敵な記事に出会った

小池一夫という、かの漫画家さんですが
82歳、病に伏して入院中のツイッターを読んだ

癒される言葉ばかりが並んでて
思わず、弱ってる私は涙が止まらなくなったよ

本を買って、ゆっくり読ませて頂きたいと思った

ベテラン、人生の先人の言葉だもの
ありがたく読みたい

媚びのない、死を意識した人生経験豊かで、漫画家さんという創作者の文章には説得力と、感性のバランスが素晴らしい

とても、82歳とは思えない、若々しい文章だ

これが、所謂「センス」という一言に凝縮されている。センスの良い年配者は、歳を感じないしとても清々しい

年寄り臭い説教からは程遠い感じ

ひとつ、楽しみができたな
今やってる仕事が終わったら
小池さんの本を、ゆっくり読みたい

岐路に立ってる私には
救いの本となるかもしれない
20190119070635183.jpeg