命日

亡き父の7回目の命日でした

早いもんだなぁ〜〜
もう7年ですか

横浜までお墓参りに行って来ました

暑い日でした



201806082337242ba.jpeg


時間が少しあったので、横浜港のクルージングをして来ました。かれこれ、うん十年通ってる横浜なのに、動いてる船に乗るのは始めてでした。気持ちよかったです

20180608234256fa0.jpeg



そして、家族との思い出の元町中華街で軽く食事をして〜〜紹興酒に酔いしれて、ふらふらとお店を出ると、手相占い〜という看板が🤲

よく考えたら、手相見てもらったことがない💦
ちょっと、軽い気持ちで先生に見てもらいました

お店の中に通されると、まずは「いいお顔してるね〜」と先生に言われて(笑)
ま、かなりのベテラン先生だったので、どれだけの人を見てるから知らないので、雰囲気だけで相手のこともわかるのでしょうね

それから、約1時間近く丁寧に「私」という人について、見てもらいました

占いも易も四柱推命も、昔からの統計学ですからね
当たっていて当然かもしれませんが、改めて私という人間を解説してもらうと(笑)色々なことを考えさせられました

年齢も聞かれるので(笑)ま、残り少ない人生(^_^;)先生も、未来の希望を話すのも大変だったと思いますけど(笑)とっても、強い言葉で励ましてもらい、私の人柄を褒めてくださいました

けど「感性とセンスがずば抜けて鋭いので、精神的にやられないようにね」と言われて、泣き出しそうになりましたが…

今年は盛況期、最高の年巡りだそうです。
今まで積み重ねて来たことが花開くそうなので
運に身を任せて進みなさいと言われました

そして周りを味方にして、協調性を持って〜〜と
1番痛いところを突かれて(笑)
素直に「はい、わかりました」とお礼を言って来ました

自分も、若者を教えてる仕事もしてるので思うのですが

人を力づけてモチベーションを上げてあげて、希望を与えることってひとつの役目なんだなってね

占いの先生は私に「必ずあなたの人間性を見ててくれる人がいるから、このまま一途に進みなさい」と言ってくれた

そこで、涙が出そうになったんだけど

相手が何かを求めている時にかけてあげる言葉は
そういうことなんですよね

人間同士ですからね
生の声で、顔を見つめて励ましてあげる

伝えてあげるべき事は、そういうなんだなと

占いの分析結果も大切だけど

ドレミの具体的な理論を教えることも大事だけど

最後はそこなんじゃないかなんてね

逆の立場になって、改めて学ぶことが出来たような瞬間でした

それは、お金じゃないのね…
レッスン料でも占い料金でもない何かなのね

まだまだ、人生は捨てたもんじゃないかもしれない(笑)

それなりに、紆余曲折の継続のまま(笑)また歩いていく感じの父命日となりました

褒められるのは嬉しい
特に生き方をね…

感謝





Comments 0

Leave a reply