AX

* 今日のニャンコ * Eriko's Diary

作曲家・編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

決断決行のタイミング

昨日はお友達と久しぶりに焼肉を食べに行きました

私の娘息子世代の若者との食事会はとても楽しくて
少し酔ってしまい、自分ばかり喋り過ぎたかもしれません

でも、音楽を目指して若者との会話は楽しく新鮮なものであります

という最高に良い気分で楽しく、今夜は帰って来たのですが



SNSを開くと、相変わらず、某自称ミュージシャンだかディレクターだか、知らないけど目障りな奴が一人いて
そいつが登場するたびに、わたしは気分が悪くなりだった不愉快ど真ん中な気持ちにひきづり降ろされる

その周りにいる人には、どうか、そいつとは離れてくださいとお願いしてるのですが、一向に縁を切ろうとしない

それよりも、よりエスカレートしてる感じがあって
あ、こりゃわたしの方でどうにかしなきゃいけないなって流れになってるなという、最悪な展開です


アングラな、人目に晒されない所でこそこそ活動してるので、誰もまた気がついてない

そして、その人達自体も、どこを目指して、何がしたいんだか、分かってないのか、めんどくさくて考えてもいないのか

その、訳のわからない団体がね、わたしの知り合いでなければなんの関係もないですがね…

知り合いが含まれてるので

このまま許しておくと
わたしの精神が限界を迎えそうなところまで来てるので、そうなるとこちらから、切っていくしかないわけでね

ここで、わたしはこれだけの事をした〜なんて恩着せがましい事を言うつもりもない

まだ、それを回収できてもいないのに、知らん顔して他の活動に精を出す
その時点で、終わってるんだね、私のことなんか、ひと時の経過仕事でしかない

常識的に考えて、そんな事が許される社会じゃないのに、社会人とは思えない人達なので、彼らのルールの中では、平気な事なんだろうか

こちらが、クレームを出しても、解決してくれることもなく、そこは目をつぶる、みたいな状況が続いている

ま、私なんかマイナーで利用価値のひとかけらもない人間ですからね(笑)後回しなんてもんじゃないくらい、舐められてたんだって思うわけです。
信じてたんだけどね

というわけで…
私の今年から計画していた流れは、訳なわかんないチンピラみたいな奴のせいで、このまま終わりそうです。

わたしはわたしが気分良く音楽をできるために
その相手を探し、信頼関係を作り、音楽的にも理解しあい、長く付き合っていきたいと思ってたのでね

残念だけど仕方がない
暖簾に手押しですからね



これからは、本当の意味で自分にだけ投資していこうと思う
わたしが期待してた事とは違っていたから


そして、質の高い意識を持った人達と作っていきたい。ガラの悪い人達と付き合ってる人なんて、問題外な外の外

こっちまで、レベルダウンしそうな次元の低い話なのでね

何度も、問いただしても明確な答えをもらえないし、行動にも移さない人は、これこらも同じなんだろうなって思う

私は、そろそろこの辺で新しい展開に持って行きたいと考え始めた

これ以上待っていても、状況を変えるつもりもないみたいだしね

まだ、書けないけど、ほーんとに、下らなさ過ぎる次元の低い問題なんですよ 。小学生レベルの隠蔽みたいの


それを、その周りにいる人たちがそうは思ってないっていう時点で、志がなさ過ぎて、何が目的なのかさえ分からない

ま、そうやって何かひとつに志持って関わってやって行く継続的な仕事をやって来なかった人って、そうなのかもしれない
その場限りで、恩義もなにもあったもんじゃない

ま、わたしにも勘違いはある
期待と違ってたこともある

わたしと一緒にやって行きたいと心から思ってくれる人を探すしかないわけですね


まだ、はっきりと書けなくてすみません
結論出たら、まだ報告しますね


では、今日はこの辺で…

P.S.
アイツより私の方が扱いが下かよ…ってわかった時点で、わたしは今まで何をして来たんだろうって後悔に変わった

そんなものなのかもしれない
汚れきった心で、ずる賢いやりかた
所詮は……


 Diary

0 Comments

Leave a comment