AX

* 今日のニャンコ * Eriko's Diary

作曲家・編曲家・キーボーディスト【塚山エリコ】のBlog

今年のライブ活動、終了です

昨日の塚山オルガンカルテットにお越しくださいましたお客様
誠にありがとうございました

久しぶりの、超大人なメンバーと共に、渋くて深いJazzセッションを繰り広げられました

また、このメンバーでも来年やりますので、どうぞよろしくお願いいたします

こちらは、FaceBookの記事です





また、感想などはゆっくりと書いていきます

取り急ぎ、ご報告とお礼まで!〜〜〜


Erico.


P.S.
取り合えず、今年の人前に出て演奏する事は、終わりました
ここで、ほっと一息すると必ず風邪引くので

キリッと絞めていきます(??ホント?(^^ゞ

ちょっと、一休みしたら、アレンジ作業に入ります
今年も年明けも、きっと書き続けることでしょう〜

これも、大変ですが楽しみな仕事です

また、ブログ更新が増えそうですが、お付き合い頂ければと思ってます

ではでは!!



12月1日、塚山オルガンカルテットLive!!

さて、今週もライブがございます。

塚山、今年最後の?ライブとなりそうです

この後〜来年の春頃まで、塚山は「Poppin'4」のアルバムのレコーディング準備や

その他、録音仕事が入ってまして

しばらくは、作家モードに戻ります

また、来年春に、ライブではお会いしたいと思っております

今年も、ありがとうございました

今年最終の塚山リーダーライブ、張り切って行きたいと思っております

皆様の、お越しを心よりお待ちしております!!!

See You Soon!!

■2016年12月1日(木)オルガンジャズ倶楽部(中野区沼袋)

~塚山エリコ4 オルガン・カルテット~feat.直居隆雄(gt.)
20161201_live.jpg




・Organ/塚山エリコ
・Guitar/直居隆雄
・Bass/加瀬 達
・Drums/市原 康

◎演奏時間「1st.20:00~/2nd.21:30~」
◎Music Charge¥3,000円
◎アクセス:東京都中野区沼袋1-34-4 B1F東京都中野区沼袋1-34-4 B1F

※ご予約は、【オルガンジャズ倶楽部】お店まで~どうぞ
お電話 :03-3388-2040(19時~23時)
メール :http://www.organjazzclub.org/



ライブ終了〜です

昨日の、塚山ピアノトリオライブに、お越し頂きました皆様、お寒い中誠にありがとうございました

今回は(またまた、お天気悪いのよね女)、なんと「雪」予報でして、とても心配しておりましたが、雪はあがってくれました


そして、私のピアノ系ライブの中で、1番な沢山のお客様がいらしてくださりました
(やった〜〜!!)

と〜〜〜っても嬉しいのです(T_T)

自分的には、実はいろいろ反省点、盛りだくさんの内容でしたが・・・

とても、良いお客様(Jazzをわかってらっしゃる、音楽をわかってらっしゃる)ばかりで、

私がお客様に乗せられて、どうにか最後まで行けた感があります(感謝)



当日の、お写真をいただきましたので、UPまで

P.S.
この日は、少し早めのお誕生日、ドラムス、渡嘉敷祐一アニキの、サプライズケーキをプレゼント

ご本人には、サプライズを知らせてなかったので、♪〜「Happy Birthday To〜〜」を弾き始めたら

勿論、トガさんも演奏をしてて〜〜

お店のママがケーキに、ろうそくを付けて歩いてきて〜

それが、トガさんの前まで来たら

「え?お、お、オレ????」といって、焦ってたのが可笑しかったです(^_^)v

改めて、お誕生日おめでとうございます

以下、お写真です〜

次回、ライブは、来週です!改めて、ご案内しますね



15135790_1204530219592879_2801260110892876046_n.jpg


以下、Photo By TAMPOPO San Very Thanks!
15181249_1205005429545358_8921190386333850461_n.jpg





15241887_1205005426212025_4349647217727568695_n.jpg



15178168_1205016472877587_6053588267630951220_n.jpg



15219980_1205005479545353_3424963802625953068_n.jpg



15230694_1205005456212022_5080001737974824785_n.jpg



15193601_1205016476210920_2399947031229500568_n.jpg



15192717_1205005496212018_7570943873661755228_n.jpg







15219370_1205005519545349_1164612797880242629_n.jpg





塚山エリコ、コモブチ キイチロウ、渡嘉敷祐一、Live!!11月24日

お待ちしております!!






雑談

運良く、高校在学中(正確には中学生の時)に人前で演奏する仕事を頂き、いきなりプロとしてスタートしちゃって10年以上が過ぎ

その後の20〜30年間は、作家(作曲編曲家)になり、裏方稼業をしていた

で、またここ10年くらい前から、ライブ活動をしてるわけなんですけど(ちょっと計算が合わないゾ?笑)

自分がリーダーなライブ以外は、まったく事前のプレッシャーは無いのですが

どうしても、特に、Jazzピアノライブの前は、かなり神経質になってしまいます


だって・・・よく考えると



何にも決まってないわけで


再現音楽では無いので、事前に練習しておくってたって、何を練習するわけでも無い

だって、何の曲をやるかも決めてないわけだし・・・

いいのか、こんなんで?なんて思うときがある
勿論、まったく違う角度からの別仕事で
生のライブな醍醐味も面白さも十分知ってるし、体感し続けてるんだけど


後、最近つくづく思うのは・・・・

結局、このところは、演奏家に戻った状況なんだけど

何十年も染み付いた、作家としての自分

じっくり練って、事前にアレンジがっちりして(当たり前だけど、それが仕事なんだけど)


録音当日は、自分がイメージしていた(いやいや、譜面に書いたとおりの)音を、

スタジオミュージシャンの皆様が演奏してくれる〜という
よく考えると、今自分がやってる事と正反対な

180度、背中合わせな事を、今、自分は演奏家としてやってるわけです


これは

はっきり言って、その日のその瞬間が勝負〜なんて仕事Jazzライブ

不安にならないほうが、おかしい(汗)


そう

私は

超〜〜〜計画立てられた設計図を事前に考えて

これ以外に無い〜というアレンジを全部譜面に書き込み、現場に行き、音楽を創っていた
(しかも、アレンジャーで行くときは、自分では演奏しないし)


今は

まったく逆のことをしている(笑)

不安で良いんですよね(汗、笑)




長年の習性というか、脳の経路、回路はそんな簡単にシフトできない



これでも、昔、Jazzやってたからどうにかアドリブってますけど

良く考えると、随分、図々しいのかもしれないです

あ〜〜上手く伝えられない(汗)文章に出来ない


要するにですね

プロの、単品アレンジャーって職業はですね

全部、アレンジャー次第なんですね
私に、音楽的な全責任がある

いい加減な、何にも面白くも何ともない譜面もっていったり
現場、混乱したり、そんなこと許されないわけ
だって、そのプロジェクトに何百万という予算が使われてるわけであって・・・・

その場で、みんなで相談しよう〜そうしよう〜♪〜
〜みたいんじゃないのね

後は、現場で〜なんてんじゃないののね

そんな、甘い仕事じゃ無い、スタジオの作曲家とか編曲家の責任てのはね


だから、私は責任、任されまくりな立場が多いわけです
私がしくじったら、やばいアレンジとかしてたら

次から仕事貰えないわけですね

他の人に、音楽的に頼る〜なんてことは皆無なわけです


でもね・・・・

よ〜く考えると

今は、違う。

今は、お客様がいて

信頼できるメンバーがいて
(私の最悪なところも、最高なところも、全部さらけだして見られてる訳ね、汗。ドジなところも)

みんなで〜ひとつの音楽を創っている

メンバーと、お客様と私とで
私ひとりが全部やらなくても、みんなでやる〜創って行く


でもね、まだまだ
それが、やっぱり不安になる

形のない物だから

どうしても

私が頑張らなければ

私が、ちゃんとしなければ

全部、私が〜的な発想になる

これが、なかなかシフト出来ない、長年の違うフィールドにいた私なんだ〜なんてね・・・・



でも

でもでも、

ひとたび、ライブ本番で音が出れば

今、ここに書いた事なんて〜一瞬で吹っ飛ぶのに(^_^)v


あ〜それなのに、それなのに、チャンチャン!!♪〜〜


あ〜、少し書き出したら気持ちが楽になって参りました

こんな、意気地無しのエリツィンですが

これからも、どうぞよろしくお願いします〜〜

ファイト!!!☆☆彡

では

おやすみなさいませ〜〜

P.S.
そろそろ、肩書きを戻さないと行けない感じの、作編曲家のエリツィンでした







アレンジャーが、どういうものなのかって、なかなか分かってもらえないんですよね

かなり、緻密で一つのフレーズを決めるまでに、下手すると2〜3日かかることもある

それなのに、今やってつことは、家で考えてくることもしないで
その場で、瞬間に思い浮かべて、しかもそれを弾くなんて(汗、汗、汗)

自分は、どえりゃ〜怖いことをやってるんだな〜と思い始めると

不安の嵐になるので、この辺で止めておきます


ではでは、塚山ライブ〜〜
皆様のお越しを、お待ちしております


good Night

塚山11月24日木曜日ピアノライブ!

一週間後になります
約4ヶ月ぶりの、このメンバーでのピアノトリオライブです

■2016年11月24日(木)

塚山エリコPiano トリオ
at BoozyMuse(新宿区大久保)

・塚山エリコ(Piano)
・コモブチ キイチロウ(Bass)
・渡嘉敷祐一(Drums)

19時40分~/21時20分〜
Music Charge 3,000yen


前回同様に、インプロビゼイションの雨嵐となります(本当の雨にはならないでね、汗)

皆様のお越しをお待ちしております!!

楽しみぃ〜〜〜(^_^)v




雑談

随分ブログで雑談をしなくなったなぁ〜と(@@;)

要するに、作編曲家時代は(?終了???)は、家で作業することが長くて多かったので
ブログで、何かを発散しないとバランスがとれてなかった

でも、このところは、実演者モードなので、演奏をすることで十分発散しているから?でしょうか(笑)ね。

で・・・・

今日はちょっと体調不良(歯茎が?顎かもしれない〜また痛くて、歯医者さんへ)なので、一日おとなしくしてた日。

そんな中

昨日頼んでおいた、林真理子さんの本が届いた(amazonさん、速!)

IMG_9693.jpg

私の母親が、林さんのファンで、毎週、週刊文春の連載を楽しみにしている

この本は、それらの連載の中からピックアップした物で構成されている

私は、昔から女流作家さんが好きで
瀬戸内晴美さんから始まり、森瑶子さん、宇野千代さん、林真理子さんetc。
割と読みあさっていた時期があります


で、久しぶりに読ませていただいた林さん。

とても、おもしろいので、あっという間に完読してしまった


ジャンルは違うけれど、同じプロ同士
共感できるところが沢山あります

なかなかの切り口で、本音トークの内容は痛快で有り
同じ所で同じ事を感じながら生きてらっしゃるんだなと
自分への確認もできて、「プロですから」の言葉に
終始共感しながら読ませていただきました






最近のFacbookがつまらない




上がってくる記事が、つまらない
書いてる人が、つまらない人

だからだと思う。
そして、そういう人ほど年中つまんない記事や写真をあげてくる(-_-)
(友達申請をしてくる人は(ほとんど、知らない人)、自分の記事も読まれるって事わかってるのかな?
相互で無くて、フォローだけじゃ、だめなのかな?)

問題は、そのメッセージも無く友達申請してきた人の、そのお友達の記事まで現れてくるわけです。
益々知らない人の記事だらけな訳ね。
(どないなってんねん、Facebookのシステム)


一時期は、同業の音楽家が
一癖も二癖もある味のある個性的な記事をあげてくれてて
とても、楽しかった

何かに秀でた人は(何かのプロは)
文章書いてもおもしろいのである




でも、今はというと〜

林真理子さん的に言えば

それが、そうじゃない人たちのオンパレードになりつつある状況が

また、その記事の量が半端なくニュースフィードを埋め尽くすので
スクロールして最後まで読むエネルギーが無くなる



きっと、私が楽しみにしている方々のFaceBookでの記事が
少なくなったのも、私と同じ感想持ってて
そこに並びたく無いと思ってるんでしょうね、きっと


本当に、今時のプロじゃない人たちの目立ちたがり度はすごいですね(^^;)
音楽の世界も、どっからどこまでがプロで、どの人がアマチュアの趣味の世界なのかわからない

とにかく、ミュージシャン、なんちゃってミュージシャン大杉



この林真理子さんの本を読んでいただくと
どれだけ、世の中の「プロフェッショナル」達が、どれだけ乗り越えて、積み重ねて
お金を貰える仕事をしているのかが、良くわかると思います

という、なんか愚痴になってしまいましたが(汗)

ご本の紹介まで!でした。

ジャンジャン!






おまけは、こちらの写真

お友達から、スヌちゃんのぬいぐるみをいただきました▽・w・▽

最高に抱き心地が良いです!

で、我が家のタロー君とご対面

FullSizeRender.jpg


か〜なりゴキゲン悪い?ライバル登場です

「タローさん、よろしく。お肩もみましょう〜〜」
FullSizeRende1r


「・・・・・重いんだよ、バ〜ロ〜」

猫のジェラスは、凄いですぜ(^^;)


では、今晩はこの辺で〜〜〜

*CommentList

やっとやっと

今日の東京地方は、雨模様です

昨日、一昨日の気温の高さに比べると、寒暖差がすごくて
今年はどうなってるの?という気候です(^^;)





一昨日、Poppin'4のメンバーと食事会をして、ゆっくり話が出来て
(ライブの時や、リハーサルの時はバタバタしてて、意外と話が出来ないのです、汗)

昨年の今頃、私が思い描いていたことが
やっと実現する所まで進んできました


昔から、のんびり屋の私なんですが

物事を、いろんな角度から見過ぎて

そして、石橋を叩いても、まだ渡らない系(汗)の性格なので

後手後手に回って見えることが多い私の人生(少し、オーバーだけど)…

結果的に
音楽以外の事も含めて

かなり遠回りしているように見えるかもしれないんですが

これで良かったんだ〜…

と思える、人生の巡り合わせになってるような気がします



人生に、無駄だった時間、無駄な出来事なんて無い

(無駄こそ、人生の美学〜がモットーな私なので、笑)

それも、必要な出来事だったり、必要な時間だった気がします


来年の話をするのは、いささか早すぎますけど
やっとやっと

自分の音楽人生の最後の夢が叶いそうで
今、少しだけ現実になってきたことを
噛みしめてます・・・・

人と比べることも無く

人から見た価値基準でも無く

自分らしく生きてこれたことに
満足して終わりたい〜そんな心境でございます


もう少ししたら、皆様にもお知らせできると思うので

どうぞ、これからもよろしくお願いします

ツカヤマから、思いをこめて
お贈りできると思いますので〜〜〜

ではでは!!

big_cf1eda90f3de29774ed031790e561e26ac71d8e8.jpg




P.S.

今、急に思い出したんですが・・・

私の作編曲家になる切っ掛けを作ってくださった

元、東芝EMIレコードのプロデューサ、故・佐藤方紀氏が、私に言ってくれた言葉があります

「塚山さん、人生の成功者とはね〜、お金でもない、地位でも無い、名誉でも無い・・・。
 自分がこう生きたい〜って思った生き方を、全う出来た人が、本当の人生の成功者なんだよ〜・・・・」

って言ってくれた。

この佐藤さんからの言葉は、今でも私の心の中に生き続けています

感謝・・・・。


*CommentList

ライブの打ち上げ〜〜

先日の【Poppin'4 Live/Vol.4 】の打ち上げを〜〜

美味しいお肉を食べて、英気を養ってまた来年からも、よろしくお願いします!

そして、皆様、引き続き応援よろしくお願いします。Yeah〜〜〜〜〜(^_^)v(^_^)v





お肉、オイピー。最高でした〜(^_-)-☆





ライブのお知らせです

今年、最後の2本のライブになりそうです。

取り急ぎ、Facebookからの、リンクです。

皆様のお越しを、お待ちしております




詳細は、後日!



雑談

ライブも無事に(?)終わり、一段落なのですが

いつもの事ながら、ステージの前には必ず何かが起きます

意識してないプレッシャーを発散しまくってるのかな(^_^*)とも思います

が、何十年もその事でヘマをしたことはないので、どうにかなるだろう〜根性が根付いてしまった感もあります(笑)

何故に、このタイミングな時に、歯が痛くなったり、風邪を引いたり、猫の具合が悪くなったり、老母の具合が悪くなったり、父親が死んだりetc.


裏方仕事なので、それほど人前に出る仕事の回数は多くない方だと思うのですが、なんでかピンポイントで、その日をめがけて「勘弁してください〜」な出来事が攻めてきます(*´-`)他の日じゃダメなのか?って感じ…


特に、メンタル面で「ガックシ〜」きた後は、やはりストレスから体調面に反映されてしまいます


今回も、なんで今?な出来事が複数(自分の身の上じゃないんだけど)全てのマイナスな話は、自分ライブ前にはキツイのです(≧∇≦)


少なくとも、ライブの日から1週間前からは、心身ともに健やかな状態でいたいのです


が、何故かそのタイミングで、アクシデント!!!な、塚山なのです😭

これも、今生での神からの試練、修行なんだなと思って、日頃を反省しつつ、時の過ぎるのを待ちます


これをも乗り越えらるらのならば、今のやり方通り進めなさい〜って事なんでしょうか


乗り越えられないならば、さっさと引退しいや〜
なんでしょうか


幾つになっても、なかなか神様からはOKが出ないようです


まだまだ、修行の身だよ〜という事なのでしょう


さて…

ちょっと愚知になってきてしいましたが…


新しいiPhoneの文字変換やフリックが、アホで余計にイライラします(後退してどうすんねん🔥アプデ💩)


では、何言ってるのか、じぇんじぇん分からないと思いますが、この辺で今宵は終了です🌃


思いつきと即興だけで生きてきた人生😓汗。


それなりに、楽しい出来事も多くて、なかなかやめられません


ではでは

GoodNight




Poppin'4ライブ、Vol.4終了です〜〜

Poppin'4 ライブ、第四回目、大変楽しく盛り上がって終了いたしました
ご来場頂きました、お客様、誠にありがとうございました

 【Poppin'4】
塚山エリコ(Organ & Keyboard)
土方隆行 (E.Guitar)
コモブチ キイチロウ(E.Bass)
渡嘉敷祐一(Drums)

20161005_01.jpg




20161005_05.jpg




20161005_02.jpg




20161005_03.jpg




20161005_04.jpg





20161005_06.jpg





14572241_1160732393972662_4905392065910475617_n.jpg
(This Photo by Mr.T. I ) Very Thanks!





心配しておりました、台風も大丈夫だったようで、いらしてくださいましたお客様
誠に、ありがとうございました

ライブの感想などは、また改めてこちらのブログにも、書こうと思っております

今回のライブ、すごくバンドらしい展開ができて、とっても良い感じでした


来年の春に向けのレコーディングもがんばります!次回は、レコ発ライブ???かな

どうぞ、おたのしみに!!

badge.jpg


取り急ぎ、Facebook内の、写真Galleryは、こちらまで〜




10/5日、明日Poppin’4 ライブです!!

明日、Poppin' 4ライブ、第四回目でございます

20161005_live.jpg


東京地方は、どうやら台風は免れそうですが、天候は良くないようでございます

いらしてくださる皆様、どうぞお足元お気を付けになってお越しくださいませ

今回は、土方さん、渡嘉敷さんの持ち曲も、お披露目です

メンバー一同、天候を吹き飛ばすようなシャキッとプレイになると思いますので、どうぞ聴きにいらしてくださいませ

See you tomorrow !!  

出演【Poppin' Four】
塚山エリコ(Organ & Keyboard)
土方隆行 (E.Guitar)
コモブチ キイチロウ(E.Bass)
渡嘉敷祐一(Drums)

イベントページは、こちら!!

https://www.facebook.com/events/1082971201796838/



2016.10.5【Poppin’4】リハーサル〜

Poppin' 4ライブ予告ムービーです。どぞ!(MC,トガ兄さん)

2016.10.5【Poppin'4】ライブ。出演:Org.&Key塚山エリコ,Gt土方隆行,E.B.コモブチキイチロウ,Dr.渡嘉敷祐一 at OrganJazz倶楽部

詳細はイベントページまでどうぞ〜(^^)/
https://www.facebook.com/events/1082971201796838/?active_tab=highlights

楽しいよぉ〜〜〜聴きに来てね〜〜〜




皆様のお越しをお待ちしております!!

★★★このライブをご予約頂いたお客様に、40個限定(非売品)Poppin'4オリジナル・バッヂをプレゼント!当日、会場にてお渡しいたします!★★★

badge.jpg

このバッジ、USAカリフォルニアで作られ、海を渡って空輸されます。
楽しみです〜〜(^_-)-☆

ライヴのご予約は、お店まで

※ご予約は、【オルガンジャズ倶楽部】お店まで~どうぞ

お電話 :03-3388-2040(19時~23時)

メール :http://www.organjazzclub.org/

岡本郭男氏、セッション《ライブ鑑賞》

久しぶりに、ドラムス岡本さんのライブを聴きに〜

幾つになっても、かっこいいオカモッチ!

皆さん、本当に一生懸命さらってて(笑)、バンドとしてのチームワークもバッチリ。

次回も、また伺いますね〜
お疲れ様でした〜〜

P.S.やばいぞ、自分ら・・・・(^_^;)




2016.10.05【Poppin' 4】ライブ:特別プレゼント!

■2016.10.05ライブの追加情報です!

★★★このライブをご予約頂いたお客様に、40個限定(非売品)Poppin'4オリジナル・バッヂをプレゼント!当日、会場にてお渡しいたします!★★★

badge.jpg

このバッジ、USAカリフォルニアで作られ、海を渡って空輸されます。
楽しみです〜〜(^_-)-☆

ライヴのご予約は、お店まで

※ご予約は、【オルガンジャズ倶楽部】お店まで~どうぞ

お電話 :03-3388-2040(19時~23時)

メール :http://www.organjazzclub.org/

皆様のお越しを、お待ちしております(^_-)-☆


20161005_live.jpg

=============================================
出演【Poppin' Four】
・塚山エリコ(Organ & Keyboard)
・土方隆行 (E.Guitar)
・コモブチ キイチロウ(E.Bass)
・渡嘉敷祐一(Drums)

作・編曲家/キーボーディスト 《塚山エリコ》を中心に、ポップス、ジャズ、フュージョン、ロック、ラテンのテイストを融合させた、アーバンでセンス抜群のスタイルを持つ新プロジェクト・バンド【Poppin' Four】の第四回目ライブ

2015年よりライブ活動開始。バント名が示すように《Pop》ポップで、《Popping》弾けるようなプレイをライブで繰り広げている

ギターにはロック界のレジェンド土方隆行、ベースにはブラジル〜ラテン、ジャズと活躍中のコモブチ キイチロウ、そしてドラムスには皆様ご存じ、日本を代表するレジェンド、渡嘉敷祐一を迎え、ポップでタイト、楽しくて、ご機嫌なサウンドを醸し出している、このユニット

選曲の良さにも定評があり、煌めくようにアレンジされた、皆様ご存じのカバー曲や、オリジナル曲を披露している

♥メンバー一同、皆様のお越しを、お待ちしております♥

■場所:中野区沼袋駅北口徒歩2分 沼袋Organ Jazz倶楽部
■アクセス(西武新宿線:新宿より11分、高田馬場より10分)
■Music Charge〜 ご予約:3,500yen  当日:4,000yen(別途ドリンクなど)
■演奏時間:《1st. Set》 20時〜/《2nd.set 》21時30分〜
※ご予約は、お店まで!

★at Organ Jazz Club (Tokyou-toNakano-ku Numabukuro 1-34-4 BF1)
★reservation(19:00〜23:00) Tel.03-3388-2040 ★E-mail.http://www.organjazzclub.org/

塚山エリコ・ライヴのお知らせ〜

秋にライブを2本やることになりました


一つ目は、四回目を迎えます、Fusion Nightです〜
お馴染みのメンバーにて!

《塚山エリコ Poppin' Four Vol.4》
■2016年10月5日(水)
20161005_live.jpg


Key.塚山エリコ
Gt.土方隆行
E.B.コモブチキイチロウ
Dr.渡嘉敷祐一

at 中野区沼袋「Organ Jazz倶楽部」20時〜
-----------------------------
二つ目は、第二回目ですJazz Nightです〜

塚山エリコ ピアノ・トリオ  Vol.2》
■2016年11月24日(木)
20161124.jpg

Piano.塚山エリコ
Bass.コモブチキイチロウ
Drums.渡嘉敷祐一

at 新宿区大久保「Boozy Muse」19時40分

二本とも、レギュラーメンバーでのライヴです

絶妙なコンビネイションを、お楽しみください

皆様のお越しを、お待ちしております

m(_ _)m m(_ _)m


Natalie Cadét ナタリー・カデット &ライブ告知など〜

念願のメンバー様とのピアノトリオライブも終わり、少し一段落のはずでしたが

また、秋にはライブを2本やることになりました

チラシができましたら、改めてお知らせしますが

一つ目は、四回目を迎えます、Fusion Nightです〜
お馴染みのメンバーにて!

《塚山エリコ Poppin' Four Vol.4》
■2016年10月5日(水)
Key.塚山エリコ
Gt.土方隆行
E.B.コモブチキイチロウ
Dr.渡嘉敷祐一

at 中野区沼袋「Organ Jazz倶楽部」20時〜
-----------------------------
二つ目は、第二回目ですJazz Nightです〜

塚山エリコ ピアノ・トリオ  Vol.2》
■2016年11月24日(木)
Piano.塚山エリコ
Bass.コモブチキイチロウ
Drums.渡嘉敷祐一

at 新宿区大久保「Boozy Muse」19時40分

皆様のお越しをお待ちしております〜〜

で・・・・・

ここから、本日のブログです(^_-)-☆




先日の、渡嘉敷さんと、コモブチさんとの初ピアノトリオの感想文も
書きたいのですが、バタバタしております。

なんか・・・・この三人での、初めてのJazz Sessionだったのですが
あんまり、そんな感じがしないくらい、私は心地よく
メチャOpenマインドでアドリブれました(^^)/

こんなの初めて〜かもしれません。

思い切り自由に、1番リラックスして弾けました
ま、トガさんともコモちゃんとも、Poppin' Nightでは、ライブやってるしね
精神的には、分かってくれてる人とのライブでしたので、安心して弾けました

トガさんと、コモちゃんのお陰です

Jazzやるときは、とにかく精神的に、解放モードになってないと
何にも、浮かんでこない

でも、この日は、なんていうか〜ふわふわと
違う世界に入れてました
すごい、集中できた・・・・
自分、こんなことしちゃうんだ〜みたいな(笑)感じです

初めての感覚かな〜

こんな風に、自然に演奏に入り込めて
すべての音が聞こえてきて
感じたことや、瞬間に表現したいことが演奏に繋がったのは
初めてかもしれません
(まだ、進歩し続けてるのかな?(^^;)自分)

でも、その事に対しての、極度の驚きはでは無いのです

なぜならば、この二人とやれば、そうなるだろうな〜って思っていたから・・・・


でも、実は純ジャズの、しかもピアノだけなトリオを

渡嘉敷さんと、コモブチさんにオファーするまでには
ある程度、勇気がいり

少し、覚悟するまで(笑)時間がかかりました

やっぱり、このお二人と、何にも決まってない、ドJazzをするのには
ツカヤマ的には、勇気がいりました

でも、ずっと、この三人でJazzやったら、どうなるのかな〜って思ってました

勇気を出して、御願いして本当に良かったです

今までの、いろんな謎が、解けたような〜
そんなライブでした

楽しかった・・・

本当に、楽しかった

ありがとうございました(T_T)



で・・・・



もう一つ、ブログに書きたいことがあって



それは、今、ほんの少し前に
作業をしながら、小さな音でかけていた
iTunesラジオから聞こえてきた曲が

とっても素敵だったので
即、検索して、情報を調べてみました


ご存知、あの名曲「Take 5」の、歌物Ver.だったのですが

この歌が、Coolでオシャレだった。

誰かな?欲望(笑)炸裂したので

作業の手を止めたわけです。

歌い手さんは
ナタリー・カデットさんというかたです。

YouTubeリンク埋め込みます


多重録音ですけど、ライトで心地よかったです〜〜

また、少しづつ、ツカヤマ的気になる曲ご紹介も

再開しようと思ってます。

ではでは、今日はこの辺で〜〜〜


P.S.
ちょっと歯のメンテナンスで、痛いよ〜〜〜〜なワタクシでした(^_-)-☆

P.S.2
今はね・・・

こんな風な、チェンジコード聞いても、ギミック聞いても
何とも思わないのね(笑)

自分の中では、小難しいアレンジも仕掛けも興味が無いお年頃なのです

音楽は、普通が1番(^_-)-☆

普通にやって、お客様をノックダウンさせたい

アレンジャーに、あるまじき発言(笑)かもしれないけどね

仕事で来たら、モチ、やるよ。小難しいのもね

今はね・・・・

そんなことは、とっくに卒業してるの

音楽に大事なことは、そんなことじゃないから

気持ち・・・

相手に伝わるのは、技じゃ無い

気持ち・・・・

どんな人生歩いてきたか・・・

どんな想いをつなげてきたか

それら全てが、音に出るお歳頃なのです


そして、それが音楽なのです

それだけの、気持ちが、今の私の中には溢れんばかりにあるから

それを、伝えるだけ


余計な物は、いらないのだ


・・・・あれ?
プレイヤー的な発言???(大笑)


ま、どっちでもいいです、もう。



♥(^_-)-☆♥





大野雄二&ルパンティック・シックス ライブ鑑賞

昨日は、楽しみにしていた、師匠の大野先生の新生バンド、大野雄二&ルパンティック・シックスのライブを聴きに伺いました

メンバーには、あの大野さんのバンド、You & エクスプロージョンバンド時代のベイシスト:ミッチー長岡氏と、ドラムスには、市原康氏が、新たに参加、そして編成も代わり、オルガンの宮川純君も新メンバーとして繰り広げられるサウンドを、楽しみにしてました

ライブは、とてもポップな演出がされており、お客様が、とても楽しめる素晴らしいプロディースに、流石、大野さん!と思いながら、拝聴しておりました。

リズム隊が、お二人に変わったことで、よりタイトでバリバリのフュージョンが聴けました

セットメニューの進行も、よく考えられていて、ベースのミッチーさんのフューチャー部分や、市原さんのフューチャー曲、お二人のバトル部分も有り、大野さんのお二人への想いがつまった演出になっていて、聴いてて、観てて、すごいウルウルしてしまいました

あの時代、大野さん達と一時代を作ってきたお二人

どれだけ、私は六本木のライブハウス「バレンタイン」に通ったことか(笑)
そして、師匠:大野さんのスタジオ見学をさせていただいてた時期も、リズム隊はミッチーさんと、市原さんでした

まさか、まさか、まさか、35年経って、このようなステージでの光景が見られるなんて、思ってなかったです

エリツィン、感動の嵐、嵐、嵐の夜となりました〜〜〜〜

一番、感心したのは、やはり、お客様を飽きさせない、ポップなアレンジと、曲の並び
そして、もしかしたら一番の功労者は、ギター&MCの、和泉君かもしれません

和泉君の演奏は、ルパンティック・ファイブ結成時から、10年近く聞いてますが、すごい成長で、この日も、ウマイ美味しいフレーズを連発してました

そして、オルガンの宮川君は、勿論お噂は知っていますし、素晴らしいプレイヤーさんであることも存じてましたが、所謂、バックに回っての演奏も、これまた素晴らしく、本当に天才的な才能の持ち主であると感じました

そして、この日のフロントのお二人、サックスの鈴木さんも、Trp.松島さんも、素晴らしかったです

旨味の凝縮されたアドリブで、活き活きとプレイしてる感じが素晴らしかったです

お客様は、大満足な様子で、私も本当に楽しませていただきました

そして、大野先生の凄さを、改めて感じました

先生は、「今」を生きています

テレビが大好きで、流行に敏感で、しかも、トラッドな事もすべてマスターできてて、新しい事が大好きな、大野さん

それでなくては、あんな凄いステージは作れないんだなって、つくづく思いました


沢山の刺激を頂いてきました

私も、負けないように(^_^;)、ささやかに頑張っていかなくては〜と思った一夜でした


皆様、お疲れ様でした。これからも、応援してます


ライブ終了です〜

7/31日、塚山エリコ・ピアノ・トリオ ライブにお越しくださいました皆様、お暑い中、誠にありがとうございました

下記、FaceBookに、お客様が記事をアップしてくださいました。
ご紹介まで〜〜








初めての、このメンバーでのJAZZセッションは、探りつつ、案配をみつつ、最終的にはアンサンブルも固まり、楽しく終わらせていただきました

流石の、Poppin' Fourでのメンバーでございました


ピアノトリオは、デリケートで難しいですが、この編成でのJAZZを、ずっとやりたかったので、しばらく続けようと思っています
勿論、トリオ+ONE的な、ゲストもお呼びしていく予定ですので、どうぞお楽しみに〜


P.S.

私は・・・・ビバップ〜ハードバップまでのJazzは、20歳前後に
はまり続けて聞いたり鬼練習してた時期があります。

ソニー・クラーク、ウイントン・ケリー、ハンプトン・ホース、レッド・ガーランド、トミー・フラナガンetc
その頃は、まだ、オスカー・ピーターソンも、ビル・エヴァンスも、受け入れることが出来ずにきました。

そして、ちょうど、その頃、フュージョンというジャンルが出来はじめて、若かった私は、JAZZよりも
そちらの音楽に惹かれはじめ、あっさりとJAZZを辞めて、バンドを始めたりしてました。


その後、作編曲家に転職してから、25年間は、まったくJAZZはやっていなかったし、ライブ活動も停止状態でした

それが、ここ10年前ころから、もう一度JAZZをちゃんとやろうと思い
再び、JAZZスイッチが入りました。

私が、残念なのは、バップまでのアナライズしかしておらず、その後の、モードJAZZに関しては、
ほとんど、マスター出来てなかった〜ということが、今も心残りなのです。

今も、古いジャズを演奏しつつも、もう少しモードぎみな事をやれるように、勉強中です

でも、この歳になっても、まだ沢山目標があって、楽しい日々の塚山です

体力は落ちてるかもしれませんが(汗)長年、培った作編曲家としての知識や経験が
とても、演奏に役立っていることを感じてますので、知恵だけは(笑)成長してると思われます

フィジカル的な、筋肉や体力は鍛えつつ
短期間で、モードJAZZの仕組みがマスターできれば〜と頑張っております(^_-)-☆

是非、皆様にも聴いていただきたい、ピアノトリオです

お互いのフレーズに反応しながらのインプビゼイションの醍醐味を、体感していただければと思います〜〜



次回ライブも、決定いたしました。

■2016年11月24日(木曜日)19時40分〜/21時20分〜
新宿区大久保 Boozy Museにて

Piano: 塚山エリコ
Bass :コモブチ キイチロウ
Drums:渡嘉敷祐一

皆様のお越しを、お待ちしております〜〜



P.S.
渡嘉敷さん、コモブチさん 〜Very Thanks!!
Love to〜〜〜




7月31日、塚山ピアノ・ライブです〜

今度の日曜日に、塚山ピアノライブがあります

13087024_1054163847962851_1257667590126620834_o.jpg



都知事選挙投票ですが、どうぞその後は、しっとりジャズピアノトリオは、如何でしょうか
(いろいろな思いも、きっと浄化できます(^_-)-☆笑)

とても、素敵なお店で行います〜

@Boozy Muse(新宿区大久保駅より3分)

993661_518340281566356_2136506282_n.jpg

皆様のお越しをお待ちしております




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ここからは、今日のブログです〜(*^_^*)

ポピュラー専門の音楽学校AN MUSIC SCHOOLの、ピアノ科と作編曲科の講師として
教え初めて、2年と三ヶ月が過ぎていきます

沢山の、若者に出会えて、いろいろな刺激を私の方が貰ってる感じです(^_^;)

今期の生徒さんは、これまた今までの卒業生と違い
「エレクトロニカ」というジャンルの作曲編曲を目指している生徒がいて
これまた、若者の(というか、アートミュージック的な)サウンドを知ったりします

でも、私も「ミニマルミュージック」や、所謂、昔で言うところの「環境音楽」などのジャンルには、
とても興味がありました

世代は、大きく違うにも関わらず、うちの生徒さん達は
昔の音楽も、よく知っています。
ちゃんと、歴史だって音楽の勉強をしてきてるからです。

そして、当然、現代のサウンドには超敏感で
その新しい感覚と、私が培った歴代の音楽との融合が
これまた、もっと新しい物を創って行く感じが、とても楽しいのです

最近、つくづく思うのですが、Fusionする(融合する)Close Overしていくって
とても、新しい事を創って行くと思います。

そして、そのことを理解でき、利用していく感性を持っている若者が
残っていくような気がします

そういう意味では、時代に関係なく
音楽の基本的な部分は、普遍的で有り
受け手側が、私のアドバイスを、どのように受けとめて
自分流のサウンドに、取り込んでゆけるか〜〜
そこが、ポイントなのでは無いかと思います


そして、私も、この年代の私でも(^_^;)、ちょっとしたことで
間口が広がっていきます。物の見方が新しくなっていきます。

まだまだ、自分もフレキシブルで、行けてるぞ!って思う瞬間です

若者達の音楽が好きですし、彼らの感覚も大好きだし
カッコイイ〜って思います


良い音楽、良いサウンドは、ジャンルや時代に関係なく面白いしカッコイイ

最近は、ますますそう思う、私です

今日は、こんな感じのエレクトロニカ〜アート・ミュージックをご紹介。
めちゃ、かっこいい!!
こんな空間に、行ってみたいです!

《Serph》




《池田亮司》





新盆〜

いつも、7月のお盆(東京のみ)と、8月のお盆
どっちが新盆で旧盆がどちらなのか、分からなくなるので母親に確認すると

7月13日〜を新盆と言うらしい(^^;)

何故、東京と地方が1ヶ月違うかというと、改暦によるものらしい


ということで、父が亡くなってから5年経ちましたが
毎年、この日には迎え火をたいて、提灯をだし、亡き父を家に迎えます
(今の人、こういうことしないんだろうな〜日本の風習とか伝統(^^;)・・・・・

迎え火:2016年7月13日
※受け皿が見当たらないので(^^;)、「ちりとり」でごめんね、パパ(-_-)
IMG_9083.jpg


で、亡きお父ちゃんを、お家にお導きする、「提灯」
IMG_9082.jpg


もう五年が経ったんだなぁ〜なんてね・・・

2011年は、私の人生の中で最悪な出来事が続いた年でした

今振り返ると、良く乗り越えられたと思います・・・

その中でも、一番つらかったのは、脳梗塞で倒れた父が入院してから逝くまでの
3〜4ヶ月の看病でした。
父は、脳梗塞で失語症という後遺症が出たために、ほとんどコミュニケイションがとれなくなりました。

自分が、今、どういう状態なのかも、過去の記憶も、すべてわからないという亡くなるまでの
数ヶ月の父と私とのやりとりは、それは悲しすぎる日々でした・・・・

かろうじて、私が自分の娘であることは認識できていたので
それだけが、救いでした

今でも、その最期の父との時間を思い出すと涙が止まらなくなります


しかし

時というのはありがたい物で

それだけ、つらく苦しく、八方ふさがりになった、その年の出来事も、
つらく悲しかった思いも、少しづつ忘れさせてくれて、どうにか立ち直れるものです

ま、人間は、限りなく逞しく、なかなか再生力があるものなんだな〜ってね


今は、すべてを笑いながら話せるようになりましたからね


さて

送り火で、父をまた「かなた」へ送り出すまでの3日間

ゆっくり、父の魂と語り合いたいと思います

P.S.

いつも通り、母親と夕食を済ませ、その後「迎え火」を焚いたのですが
・・・・珍しく、母が「この後、帰ってきたパパと少し呑もうね〜・・・・」なんて言ってました

頑固でひねくれ者で、可愛げの無い母親の、珍しい発言です
(↑ま、・・・・私の性格そのものであるわけですけどね(^^;)汗。)











ライブのお知らせ

■2016年7月31日(日)~Jazz Night~at Boozy Muse

★このメンバーでの、初Jazz Sessionです
どうぞ、お楽しみに!!

 Piano: 塚山エリコ
W.Bass: コモブチ キイチロウ
Drums: 渡嘉敷 祐一

13087024_1054163847962851_1257667590126620834_o.jpg




◎お席のご予約は《Boozy Muse》まで~

◎1st.19:40~/ 2nd.21:20~ 
◎Music Charge 3,000yen
◎東京都新宿区北新宿1-8-20 KOKORO B1F 03-3362-4766

http://www.boozy-muse.com/



ロン・ウッドのトーク番組

先日、たまたまテレビを付けたら、ポール・マッカートニーが出ていて・・・

トークの相手は、たぶんロン・ウッドだ〜と思ったらピンポーン(ロック範囲じゃ無いので、このくらいの知識(^^;)

で、番組は再放送らしいのですが、内容がものすごく良かったです

プライベートでも、仲良しらしいポールとロン

それぞれの、想い出の曲をピックアップして、紹介していく番組なのですが

一番、感心して共感持てたのは、ポールの音楽の好みの幅広さでした

フレッド・アステア、マービン・ゲイ、etc
流石の一流は、どんなジャンルの音楽も同じ所で語ることが出来る
ロック以外は音楽じゃねぇ〜なんて、ナンセンスなことは言わない、思ってない

兎に角、未だに大の音楽好きであり、ロン・ウッドと音楽の話になると、そのエピソードも含めて
お話は止まらなくなります(^_-)-☆本当に、楽しそうで未だに音楽に対してピュアな事が良くわかりました

とても、羨ましい友達同士
私も、こんな風にミュージシャンの友人と語り明かしたいものです

第一回目は、終わってしまいましたが、番組アーカイブでも観られるかな???

ということで、本日は、素敵な番組を観られたので、ご紹介まで!!





ではでは〜〜(^_-)-☆

雑談:海外ドラマと〜〜

なんか、世の中的にマイナスなことや、ネガティブなことを書くと、「この人危険人物」〜みたいになってるので

夜中に、辛口のブログを書いては、次の日には引き下げる・・・〜みたいなことを、数回繰り返している
(偶然、読めた人はすごくタイミングが良い、笑)
次の日に、読み直して、削除はしないですが(ちゃんと、残してある)
公開するのを、控えたりしてます

でも、

でもでも、

きっと、そんな風に、善い人を演じることばかりが正しい〜みたいな世の中だから、だめだめ系な世の中まっしぐらなんだよね〜
なんて思いながらも

その文章によって不快な思いをする人のことを考えると、取り下げたりしてるわけです(^^;)



ま、とりあえず、ブログは自宅の庭〜的な物なので、読みたくなければ来訪しなければ良いし、
そこが一列に流れてしまう、Facebookとは違う位置にあるブログなので、自由に書くべきなのでしょうが・・・・・

で・・・・・

今日は雑談です。

実は、気候のせいかフィジカルもメンタルも、あまり調子よくない日々が続いていて

そんな中、どうにか、ライブを終えると、思い他、「あ〜〜〜楽しかったし、内容も良かった」、となり
終わってみれば、そんなに神経質になるほどでもなく、全面的に立ち直れてたりします

見かけよりも、かなりデリケートな私(汗)なので(^^;)????

何十年経っても、いや・・・・・いろんな事が分かりすぎたこの歳だからか余計
人前で演奏する前は、どうしてもナイーブな日々が続きます

体調万全で挑まないと、Jazzの限りないOpenな(何にも決まっていない小節。というかいつまでも、弾いてて良い)アドリブを弾くときに

脳を「無」にして、瞬間にメロディが浮かんで来ないとどうにもならない〜という(>_<)

とてつもないアドリブという表現方法のために
かなりの瞬間集中が必要だからです。


でも、神経質になりすぎて体調を温存しすぎたり
あんまり、大事大事にライブ前の日々を過ごすのも、あまり良くないのもわかっているのですが・・・

未だに、どの程度〜で日常を過ごしていくか、つかめないのです

これは、一生そうなのかもしれません。

そして、Jazzすることが、演奏することが日常〜仕事には、したくないというものあります

今の、自分にとっての演奏は、特別なものだから



その昔、17歳〜30歳までは演奏は仕事だったんですけどね。
仕事だから、別の意味で、どんなことも乗り越えていた時期もあります



でも、今は、生活するための演奏活動では無いから


・・・・・だから、ある意味、相当「純粋」なわけです・・・(笑)

好きな人たちと、好きなお店で、好きな事だけ演る

これは、長い人生の終わりに向けて、最終的な理想的な音楽との関わり方かもしれません〜(^_-)-☆




で・・・



今日は、全然違う話題を書こうと思って書き始めたのに・・・・(笑)


いや、くだらない話ではあるのですが、息抜きに〜




私は、ずっとケーブルTVでやっている、海外ドラマにはまっています



もともと、刑事物〜FBIの話や、CIAの話、または推理ミステリーや、弁護士のドラマetc.

もちろん、主人公はカッコイイ女性が主役な〜〜〜(^_-)-☆


FaceBookの、「好きなテレビ番組」には、載ってますが

今は、アメリカではナンバーワンのドラマ「ブラック・リスト」や
今シーズンは、残念ながら日本ではオンエアされない「Good Wife」なんかが大好きです






どうしても、ドラマ鑑賞タイムは、または、偶然観た、海外映画などを観るのが一日の終わり〜になります


就寝前に、これらのドラマや、録画してある分を観る訳なのですが・・・・


実は、先日知ったのですが



人間の脳は、「眠る直前に脳に入った情報は、記憶しやすい」〜とのこと


ですから、暗記物やお勉強などは、眠る直前が好ましいらいしということを、先日知りました。


で・・・・

・・・・なるほど〜だからか〜〜という発見をしました!



私、夢をよく見るのですが・・・




それが、毎回、超〜〜〜怖い夢の長編物が多い(笑)


殺人事件とか、誘拐されるとか、血だらけの映像とかが夢の中に出てきて
その渦中に、自分がいる夢をよく見るのです




そうです、そうなんです(^^;)

おわかりですね!?



眠る直前の記憶〜〜



私の大好きな、辛口海外ドラマは、全部そんなシーンばかり!!(汗)

拷問のシーンや、殺し合いの血の海の現場とか、(^^;)

それを、痛快に解決していく女性主人公や、素晴らしく良く出来たプロットに惹かれまくっている私。

怖い夢を、観るはずなんです!(゜Д゜)





さてさて、どうしましょう〜




今夜も、スリル満点、悪者をバタバタ倒していく海外ドラマがあります

観るべきか、それとも昼間観るべきか・・・・

悩みます(>_<)・・・・・・

でも、やっぱり就寝の準備をしてから、ドラマは観たい!!

今夜は、どんな夢かな?????(笑)




ではでは、このへんで〜・・・・・・


P.S.

何度も書いてると思いますが、
とにかく「Black List」、ブラック・リストというドラマ

素晴らしいプロットです。

実は、準主役の女性、エリザベス・キーン役の女優さんが、撮影途中で
ご懐妊してしまい(^^;)いや、おめでたいのですが

たぶん、そのために、このブラック・リストというドラマは、筋書きを
大幅に書き換えたと思われます(勝手な想像だけど)

その、繋ぎの間の脚本は、いささか無理があったり、焦点が呆けた回もありましたが

・・・・その書き換えた、新しい展開が凄いのです

ここが、流石アメリカ〜という、内容の濃さというか、良く出来てるなぁ〜と感心します

飽きることの無い、本当によく考えられた秀作だと思ってます

是非、「Black List」シーズンワン〜から、DVDで観てみて!!〜Amazonはこちら〜〜(←なんて、親切な私(^_^)〜〜〜

Blist.jpg


面白いです!


P.S.2
私は、このドラマは吹き替えで無く、字幕スーパーで観ています

だからなのか???なのですが
時々、新規登場人物の名前がごちゃごちゃになり、筋が分からなくなることがある(^^;)

とにかく、テンポが速くて展開が早すぎるので(基本、1時間で毎回完結させるドラマだから)
英語の名前が覚えられません(^^;)

きゃぁ〜〜〜〜(^^;)〜〜〜〜


ライヴ終了です〜〜

6月9日、調布柴崎「さくらんぼ」でのライブにお越しくださいました皆様

誠にありがとうございました

個人的には、とっても楽しい演奏が出来ました〜

共演者の先輩方、また「さくらんぼ」オーナーの岡田ジョージ澄雄氏にも感謝です

Facebookにも、記事をあげてます

また、次回ライブでお会いできますように〜〜




ライブのお知らせ

■2016年6月9日(木)
塚山エリコOrgan カルテット feat,直居隆雄(gt.)
      at 「さくらんぼ」調布柴崎
13055745_1044771325568770_7958329430430362462_o.jpg


Organ.塚山エリコ
Guitar.直居隆雄
Bass.加瀬 達
Drums.市原 康

◎1st.19:30~ /2nd. 21:00~



皆様のお越しを、お待ちしております



★久しぶりに調布柴崎「さくらんぼ」に伺います
Jazzだけをやる(^_-)夜です

◎ご予約は、こちらまで~「さくらんぼ」
◎ Music Charge 3,000yen/※学生 2,500yen
◎Jazz Liveハウス「さくらんぼ」京王線・柴崎駅南口改札前
 Live Start:19時30分~
 〒182-0007 東京都調布市菊野台 2-22-3
 Tel&Fax 042-488-0626

ヴァイオリン:加藤ジョーさんライブ鑑賞

スタジオ・ミュージシャン界のレジェンド「加藤ジョー」さんのライブを聴きに伺いました
温かくて、素晴らしい演奏、選曲に癒されました

私のライブでもお馴染みのプレイヤーさんが、サポートしてます
最高の大人の空間でした



大好きな、篠崎正嗣氏や、アレンジャーの大先輩、萩田光雄先生とも一緒に、鑑賞させて頂きました(^_-)-☆

音楽万歳!

食事会でした

お休みができたので、お友達と和食を食べに行きました

行きつけのお店となった「ほり川」にて

 結局、また牛肉を食べてしまいました〜

今まで、連休や夏休みには、ほとんど仕事をしていた何十年なのに

近年は、休暇として過ごせるようになりました

忙しかった頃も、楽しかったけど 今の感じも楽しいです

普通の幸せ?〜〜なのでしょうか、新鮮です

お料理の数々です

ご馳走様でした






























連休会合は続きます♪( ´θ`)ノ

ではでは!

打ち上げでした〜



Menu

プロフィール

エリツィン

エリツィン

作曲家・編曲家・キーボーディスト
塚山エリコのブログ

塚山エリコ
Official WebSite




ブログ内検索

ライヴ・スケジュール

■2016年11月24日(木)
塚山エリコPiano トリオ
at BoozyMuse(新宿区大久保)
・塚山エリコ(Piano)
・コモブチ キイチロウ(Bass)
・渡嘉敷祐一(Drums)


■2016年12月1日(木)
塚山エリコOrgan カルテット
feat.【gt.直居隆雄】
atOrgan Jazz倶楽部(中野区沼袋)
・塚山エリコ(Organ)
・直居隆雄(Guitar)
・加瀬 達(Bass)
・市原 康(Drums)

------------------

《終了分》

■2016年10月5日(水)
塚山エリコ【Poppin' Four/Vol.4】
at OrganJazz倶楽部(中野区沼袋)
・塚山エリコ(Organ,Keyboard)
・土方隆行(E.Guitar)
・コモブチ キイチロウ(E.Bass)
・渡嘉敷祐一(Drums)

------------------
■2016年7月31日(日)
塚山エリコPiano3
at BoozyMuse(新宿区大久保)

・塚山エリコ(Piano)
・コモブチ キイチロウ(Bass)
・渡嘉敷祐一(Drums)

------------------

■2016年6月9日(木)
塚山エリコOrgan カルテット
feat.【gt.直居隆雄】
at さくらんぼ(調布柴崎)

・塚山エリコ(Organ)
・直居隆雄(Guitar)
・加瀬 達(Bass)
・市原 康(Drums)

My Sounds

All Songs By Eriko Tsukayama

らいむいろ戦奇譚~戦艦浮上
塚山エリコ


らいむいろ戦奇譚
特務戦艦天之原発進
塚山エリコ


Lonesome Room
塚山エリコ&ボブ・ザング


抗争/塚山エリコ:平原まこと



Conditioning
塚山エリコ:大久保明


Water Planet
塚山エリコ:伊丹雅博


時のない場所/塚山エリコ
数原晋


塚山エリコ・CD発売中

Melody Of Healing
ヒーリング音楽CD


All Songs by
* 塚山エリコ *
XL-70142¥2,800
癒しと安らぎ【塚山エリコ】がお届けする
*珠玉のメロディ*をあなたに
好評絶賛発売中!
こちら通販サイトのみの販売です

最近の記事+コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

右サイドメニュー